from30/龍ブログ

気になるアレコレや色んな分野を調査して参考にしてもらえるようお伝えしてる雑記ブログです。

お月見って何?十五夜とは?それはいつ?由来や過ごし方

f:id:kami-nayami:20210902101411j:plain

2021年の十五夜は、9月21日(火)です。

さてお月見という言葉を聞いた事はあるけれど・・・

十五夜というのも聞いた事はあるけどそもそも何なの?

今更聞けない日本の風物詩ですが由来やどう過ごすのが
いいのかについて難しいことなしで解説しています。

お月見って何?十五夜って何?それはいつ?

f:id:kami-nayami:20210902101500j:plain

秋の夜空に浮かぶ、美しい月を眺める「お月見(十五夜)」ですが

暑かった夏を終え過ごしやすく涼しくなり始めた9月の中旬を過ぎた
(1年の中で最も空が澄みわたる旧暦の8月15日)とされていますが

※(年によって日は異なる)美しく明るい月を眺める行事で
日本の秋の風物詩と言われるのが「お月見(十五夜)」です。


※年によって日は異なる理由では月の満ち欠けを基準にしていた旧暦。
 太陽の動きを基準にしている新暦では、1年の始まる日も1年の長さも違います。

 そのため、旧暦と新暦にズレが生じます。という意味により
 毎年9月中旬~10月上旬の間に十五夜(旧暦8月15日)がくるとされているからです。

 更に月の満ち欠け(新月から満月)の周期も約15日と一定ではない事から

 十五夜と満月の日も例年1〜2日程度ずれることがあるという訳です。

2021年では9月21日(火)

2022年では9月10日(土)

2023年では9月29日(金)

十五夜は、別名「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」
とも呼ばれ秋の真ん中に出る月という意味があります。

案外、知らない方も多かったのではないでしょうか?

十五夜のお月見が広まったのは「平安時代」。

中国から日本へ伝わり、貴族の間に広がりました。


庶民の間にまで十五夜の風習が広まったのは、

江戸時代に入ってからと言われています。

貴族とは異なり庶民の目的は収穫祭や初穂祭の意味合いが強く
無事に稲を収穫できた喜びを分かち合い、感謝する日と言われています。

 

しかしこのお月見は秋の十五夜だけではありません。

実はお月見としては十三夜や十日夜(とおかんや)という
お月見行事があります。


【十三夜とは】十五夜の後にやってくる旧暦9月13日をいい毎年コレも日はかわります。

十五夜は中国から伝わった一方で十三夜は日本由来の風習のようです。

十三夜の月は、満月が少し欠けた形で十五夜に次いで美しい月と言われています。

 

【十日夜とは】旧暦10月10日に群馬,埼玉,山梨,長野県にかけて
 行われている収穫祭です。

地方によって行事内容は様々でカカシアゲまたはソメノ年取リといい
かかしに蓑笠を着せて箒・熊手を両手に持たせ,餅や二股大根を
供えてこれをまつるなどと言った事をします。

また十日夜は、「田の神さまが山に帰る日」ともいわれ、
地の神さまに感謝の気持ちを表すための行事とされています。

 

お月見のお供物についてご紹介

収穫に感謝して、月に見立てたものや収穫物をお供えするという風習です。


お月見のお供えものといえば【ススキ】【月見団子】【農作物(芋類)】

これには意味があります。

秋の七草の一つでもある【ススキ】には、悪霊や災いなどから

収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められており鋭い切り口が

魔除けになるともされ庭や水田に立てたり、軒先に吊るす風習が

今でもあるようです。

f:id:kami-nayami:20210902101628j:plain


【月見団子】には月に見立てお供えすることで、月に収穫の感謝を表します。

十五夜では15個、十三夜では13個を、ピラミッドのように積んでお供えします。


【農作物】には豊作を祝う行事でもある事から里芋、栗、枝豆など

収穫されたばかりの農作物をお供えし、収穫に感謝します。

 

お月見(十五夜)その由来まとめ

f:id:kami-nayami:20210902101717j:plain

十五夜は必ずしも満月とは限らないです。

満月だと思い込んでいませんか? 

実は1~2日ずれることが多く月と地球の公転軌道の関係で

新月から満月までの日数が14日間~16日間と日数に差があるので

満月になるまでの日数が異なるのです。


「中秋の名月・十五夜」はひときわ美しいといわれます。

他にも十三夜、十日夜(とおかんや)のお月見行事があり、

昔からこの3日間が晴れると良いことがあるとされています。

 

十五夜を「中秋の名月」と書いている場合と「仲秋の名月」と

書いているパターンもありますがコレはどちらも正解です。

漢字によって意味が違います。


【中秋の名月】秋のちょうど真ん中の日を中秋といい、
 8月15日が中秋にあたります。

そのため、中秋の名月=8月15日の名月という意味になり、
十五夜のときは中秋の名月と書く場合が多いです。


【仲秋の名月】旧暦の秋は7月・8月・9月。7月を初秋、8月を仲秋、
9月を晩秋といいました。

つまり仲秋とは8月の別称で、仲秋の名月=8月の名月という
意味になります。

 

お供え物としてはお月見の定番「月見団子」

茎の空洞に神様が宿るとも、鋭い切り口が魔除けに

なるともいわれる【ススキ】


収穫に感謝を込めた十五夜には里芋を

十三夜は栗や豆、十日夜は米や餅など、

その時期の収穫物を供えます。

お供え物は、お供えが終わったら
是非頂きましょう。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

本業は美容師をしています。自分のお店です。
髪の毛に関する事は勿論ですが【美・健・コンプレックス】
の解消に役立ちそうな記事を更新していきますのでよろしく
お願いします。

~~~~
以下の記事も読まれています。
◇◇健康【サプリorグッツ偏】◇◇ 

★★ヘアケア【シャンプーorその他】etc.★★

★★髪の毛の悩み【薄毛偏】etc.★★

★ちょっと気になるジャーナル

★学び

★美容師の気まぐれ日記

★花粉症orその他の全般悩み

☆☆☆アンチエイジング【美容偏】☆☆☆

☆☆☆体型の悩み【コンプレックス改善に】etc.☆☆☆

☆☆☆体臭【臭い偏】etc.☆☆☆

🔶【女性に特化した育毛剤】

🔶【男性のAGAに特化した育毛剤】

🔶【選ぶべきシャンプーはコレ】

🔶【傷まないカラートリーメントの勧め】