龍ブログ

気になるアレコレをお伝えする雑記ブログ

夜のむずむずで寝れない原因と対処法

夜になると又は夜寝る時(寝る際)に体がむずむずして寝れない等のお困りではありませんか?
人によってむずむずする箇所は色々です。その原因や対処法について調べました。
少しでも楽になれれば幸いです。

夜のむずむずで寝れない原因

むずむずの原因
夜になると体がむずむずする
病名はむずむず脚症候群、別名レストレスレッグス症候群】と言います。
人によっては脚だけではなく腰や背中、腕や手に症状が現れます。

【原因】
原因がはっきりわからないもの(一次性)と、他の病気や薬などが
原因となって起こる(二次性)に分けられます。

二次性の原因としては、慢性腎不全(特に透析中)、鉄欠乏性貧血、妊娠
糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチなどが挙げられます。
治療が必要だと考えられる患者さんは約200万人とされています。

【症状も人により違う
むずむずする以外に<痒い><皮膚の表面を何かでなぞられているような感じ>
<虫が這っている感じ><針で突いている感じ><火照るような感じ>
中には<激しい痛みを感じる>等、様々です。

【原因は明らかではないが有力な説】
上記で解説した二次性のように原因がわかっているものと違い
一次性ではハッキリとわかっていないものですがある有力な説があります。
それは脳内の神経伝達物質の1つであるドパミンの機能障害や鉄が
関与しているのではという事です。

さまざまな運動機能を潤滑にする働きがドパミンにはあります。
そして鉄はドパミンを作る過程で欠かすことのできない物質なのですが
不足するとドパミンがうまく合成されないことで症状を引き起こすので
という説が有力なようです。

但しコレはあくまでも仮設ですがその辺りを改善に向けてみるという
試みは無駄ではないのではと感じます。

 むずむず脚症候群の対処法

むずむず脚症候群の対処法
【対処法】には
非薬物療法」と「薬物療法」の2つ。
軽度であれば食事や運動など生活習慣の改善を行ないます。

【非薬物療法として】
<例えば>
①ウォーキング等の軽い運動。
②脚をマッサージする事でむずむず脚症候群の症状が軽減します。
③シャワーや入浴による温熱刺激でむずむず脚症候群の症状が
軽減されます。適切なお湯の温度は個々の症状が軽くなる温度を
自身で探って下さい。
④カフェインを控える。鉄分の吸収を妨げることで症状がある
場合はNGです。また、チョコレートなどの刺激物も控える。
⑤アルコールや喫煙を控える
⑥足の裏にある湧泉(ゆうせん)が挙げられます。

その他に背中や手などにも症状が軽減するツボがあるので
鍼灸院も治療の1つとしてもいいでしょう。

【「必要な栄養素補給と他」として】
症状が強い場合は定められた薬剤による治療を行ないます。
<1>鉄分の補給。女性の場合は生理や妊娠中は鉄分が
不足しやすいので鉄剤を服用

<2>ビタミンBや葉酸など積極的に摂取
<3>抑肝散(ヨクカンサン)など神経の高ぶりを抑え、不眠症などに
用いる漢方薬を処方してもらう。

【症状の強いむずむず脚症候群の対処法】
<むずむず脚症候群は何科?>
睡眠障害を専門に治療している睡眠専門医や、睡眠障害を扱う精神科
・神経内科等が適しています。
おもに薬物療法によって行われます。
神経興奮を抑える内服薬やドパミン伝達を活性化させる内服薬
もしくは貼付剤が処方してもらいます。

 『夜のむずむず』へのサプリ登場!

◆夜のむずむず国内初のサプリメント◆
夜のむずむずに適したサプリのご紹介

上記で解説しましたが先ずは夜のむずむずに適したサプリが
あれば試して見たいという方に向けています。
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
むずむずクリアでやすらぎの休息を
   国内初のサプリメント
   「むずむずクリア」
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
<栄養素>
むずむず悩みに向き合ったサプリメントとして
「ファーベックスKT」を国内で初めて配合。
「ファーベックスKT」は食物繊維の豊富な大麦エキスを
麹菌・乳酸菌・酵母で発酵させた画期的な原料です。

<症状の特徴>
夕方〜夜にかけて発症する方に最も向いています。
夜のむずむずでお悩みの方へ。
「むずむずクリア」で夜ぐっすり❕
詳しい事は公式サイトをご覧ください↓
夜のむずむずに効率的にアプローチ
一時しのぎでは意味がありません。
効果的にむずむずにアプローチするサプリになっています。
先ずは一袋を試して効果を確認して見て下さい。
初回の一袋で効果がないと感じれば返金保証付きですので
試すのにあたりリスクはありません。

 まとめ

夜、寝る時に体がむずむず。絶対に安眠できませんよね。
どうしたらいいの?何かかゆみ止めをつければいいの?
そう思われてきたでしょう。
しかし人によって症状やむずむずする箇所も様々です。
軽度な場合もあれば重度の場合もある事でしょう。
何よりもこの症状はどこの科にかかればいいのかさへわかりませんでしたよね。
先ずはる睡眠専門医や、睡眠障害を扱う精神科・神経内科等に行きましょう。
対処法についても本編で触れましたので参考にして見て下さい。
そして病院に行くまでもないとお考えなら日本初のむずむずに大いに適した
サプリを1度お試ししてみるのもいいかもしれません。
貴方に適した方法で改善する事を願っています。

ここまで読んで頂いてありがとうございます人気ランキングに参加しています。
今日は何位になってるかな?
皆様の1クリックが順位に反映されますの宜しければポチっと
お願いできると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
そして<読者になるボタン><お気に入り・ブックマーク>等を
してもらえると記事を書く励みになりますのでよろしくお願いします。

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。
車のリースは今では色々。一番得なリースについて書いています
ご興味ある方はご覧ください。↓
もらえるカーリース(もろ込み)は得?損?実態を検証