from30/龍ブログ

気になるアレコレや色んな分野を調査して参考にしてもらえるようお伝えしてる雑記ブログです。

「うねり」や「パサツキ」が解消するシャンプーのやり方

f:id:kami-nayami:20191013105507j:plain

 髪質で悩まれている方は実に多い事を知っています。美容師をしているので沢山の

お客様と接します。知っていますか?洗い方で「うねり」や「パサツキ」が解消

するシャンプーのやり方を!

 

「うねり」や「パサツキ」が解消するシャンプーのやり方

髪じゃなく頭皮を洗う意識が必要

髪の毛の正しい洗い方を更に正しい言葉に言い換えるならば髪の毛ではなく

頭皮を洗うです。

 

この辺を勘違いしている人が多いなぁというのが当店の美容室に来られる

お客様を見た感想です。

 なんでかというと頭皮を洗うと髪の毛も洗われているからです。

 でも髪の毛を洗うというイメージで行われると頭皮まで洗われていない

可能性があるから。

 

髪の毛の洗い方<基本編>

それでは

髪の毛の正しい洗い方】についてお話をすすめていきましょう。

 

髪と頭皮に良いシャンプー剤を使用する事はもうおわかりですね。

 

洗髪の仕方1つで頭皮の乾燥を招く事がありますので注意が必要です。

 

シャンプーする際にこんな間違ったイメージがあるのです。

 

それは指の腹で頭皮から洗っていませんか


確かに爪を立てて洗わないは当たり前なのですが頭の片隅にどこかで

聞いた気がする指の腹で洗うというのがありませんか?

 そうではありません。


頭皮を泡で洗う事が

【ホントの正しい洗い方】なんです。

 基本は2度洗いですが1度目は髪の毛についた汚れをサッと落とすために髪の表面でざっと泡を立ててすぐに洗い流します。

 

本番は2度目の洗いです。


髪の表面にシャンプー剤を馴染ましたら手のひらで優しく軽く髪と髪を摩擦するように

泡を立てていきます。

 

f:id:kami-nayami:20191013105700j:plain


手と髪の毛の間に空間を作り空気と泡の層をつくるイメージです。


髪の毛は泡立てネットの役割だと思って下さい。


そしてたっぷりと泡がたったらその泡を頭皮に押し込む感じです。


その後、1~2分程度、放置します。


そうすると泡で頭皮の皮脂や汚れが分解されます。


出来ればその放置してる間に体を洗うといいかもしれませんね。


その後、頭から全身をしっかり流してください。


但し、天然の美髪成分がたっぷり含まれたシャンプー剤であれば流し

過ぎないほうがいいです。

 

どうですか?


「ん~~?なんかサッパリした洗いができないよ。」


こんな声が聞こえてきます。


でもこれこそが頭皮を乾燥させない究極の洗い方だと思って下さい。


これが出来る人は頭皮環境が良い状態になれます。

 

どうしても無理って方は地肌をこすりすぎない程度に優しく洗って下さい。

 

現時点で頭皮環境が最悪な状況にある人は前期の泡で洗う方法をとることを強く

お勧めしたいと感じます。

 

間違っても高級アルコール系のシャンプー剤は絶対に使わない事


コレは最低限守って頭皮のより良い環境を

目指しましょう。

 

髪の<うねり><パサつき>が収まる究極の洗い方

1・髪のうねりを予防する洗い方


うねりを要因には頭皮の毛穴が詰まってることで頭皮の血行が悪く栄養

充分にいきわたっていないからです。

更には髪のうねりは“頭皮のたるみ”が大きく関係しています。


頭皮がたるむとどうなるか?というと毛穴が広がります。

そうなると、もみあげやこめかみの周辺にクセが出やすくなります。


顔や首だけじゃないんですね。頭皮もたるむのでケアが

必要になります。


ではうねり等の髪のクセを抑える洗い方はマッサージをしながら

シャンプーをします。


ここでポイントは髪の毛でなく頭皮に比重を置いて洗ってください。


指の腹で頭皮に心地よい刺激を与えるとうねりは大分と解消できる筈です。


2・パサつきを予防する洗い方


シャンプーの際の注意点として髪の毛をこすりつける洗いNGです。

それによりキューティクルがはがれて髪の毛がパサつく

原因となるからです。


髪の毛の汚れは、本来水洗いするだけでも十分落ちます。

残りの汚れは皮脂です。髪の毛でなく頭皮を洗うという

意識が必要です。

そしてむらなく全体的に同じ時間をかけて洗いましょう。

 

3・薄毛・抜け毛をを防ぐ洗い方

毎日のシャンプーで清潔さを保つ事が大事ですが1日の内に

2度以上は洗わないでもうらいたいです。

過度の回数で頭皮の水分が蒸発してカサカサになると

抜け毛や薄毛を招きます。

頭皮は常に潤いがあったほうが良いからです。


頭皮のケアとしては保湿成分を含む育毛剤や

頭皮用の化粧水で乾燥から守りましょう。

 

何度もお伝えしていますが頭皮を乾燥させない事こそ

しっかりとした毛として生え変わり髪の寿命が

長くなる事を意識しておいてくださいね。


頭皮環境こそが肝となります。

 

しかし使うシャンプーが貴方自身に合っていないと元も子もないです。

 

貴方自身に見合っているシャンプーを使っていますか?

それについての記事も書いていますので参考にして下さい。👇

 

www.kamitrouble.com

 

【本日のおさらい】

シャンプーは髪を洗うのでなく頭皮を洗うべし。


髪の<うねり><パサつき>を防ぐ洗い方は

1・髪の毛どうしをこすりつけない(キューティクルを守る為)で
  頭皮をマッサージしながら洗う

2・後頭部は毛量がもっとも多い場所な上に丁寧に洗われていない
  可能性があるので意識して洗う事。臭いの原因にもなるので。


3・過剰な洗髪は控える。1日1回は必須です。頭皮を清潔に保つ為です。


4・頭皮は常に潤いが必要です。乾燥させると様々なトラブルを
  起こします。

  保湿成分が有る育毛剤や頭皮専用の化粧水でケアすると頭皮は喜びます。

 

最後に何度も繰り返しますが折角のお手入れを無駄にしないように

シャンプー剤選びには気を付けましょう。

弱酸性のものでオススメはアミノ酸系のシャンプーが良いです。