from30/龍ブログ

気になるアレコレや色んな分野を調査して参考にしてもらえるようお伝えしてる雑記ブログです。

アミノ酸シャンプーの成分と選ぶべき理由

f:id:kami-nayami:20191001163317j:plain

アミノ酸シャンプーに含まれる成分

タウリン系 ココイルメチルタウリンNa. 
アラニン系 ラウロイルメチルアラニンNa. 
グリシン系 ラウロイルサルコシンTEA. 
グルタミン系 ラウロイルグルタミン酸Na. 
アスパラギン酸系 ラウロイルアスパラギン酸Na. 

 

 

アミノ酸シャンプーの成分と選ぶべき理由

アミノ酸シャンプーの成分をも少し詳しくお伝えします。

タウリン系 ココイルメチルタウリンNa:界面活性剤の成分の中でも人体に優しく

危険性が少ない成分。


アラニン系 ラウロイルメチルアラニンNa:洗浄力とコンディショニング効果の

バランスが良く比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることができる。


グリシン系 ラウロイルサルコシンTEA. ...アミノ酸系陰イオン(アニオン)界面活性剤で

殺菌力の強さを生かした配合です。その為頭皮を洗うという意味では殺菌力が

余計になる可能性もあり。


グルタミン系 ラウロイルグルタミン酸Na. ...天然成分を原料とした、ベタイン系の

洗浄剤。界面活性剤。特性はとてもマイルドで、コンディショニング効果もある

洗浄剤。ごわつかず、しなやかに仕上がる。 ベビーシャンプーにもよく使われ、

また生分解性も高い。


アスパラギン酸系 ラウロイルアスパラギン酸Na. ...刺激を抑えつつ洗浄力を高め

高い保水力を持った優秀な界面活性剤。


高級アルコール系洗浄成分 ...ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸アンモニウムこれらが配合されているシャンプーを

『高級アルコール系シャンプー』と言われています。


石鹸系洗浄成分とは ...敏感肌やアレルギー体質の方にはオススメ。

 

アミノ酸シャンプーの見極め方として

アミノ酸シャンプーの中で良いものを選ぶポイントはアミノ酸系界面活性剤の

濃度が濃いもの。成分が「ココイル・・・」や「ラウロイル・・・」という表記であれば、

濃度が濃いということになります。

 

アミノ酸シャンプーを選んで欲しい理由乾燥やダメージを防ぐ為には髪、

頭皮を保湿する必要性からアミノ酸シャンプーを使うべきなのです。


髪の保湿というとトリートメントとかオイル系と思われるかも知れませんが

基本はシャンプーです。

 

ダメージと保湿は十分にシャンプーで行うこともできるのです。


それにはアミノ酸のシャンプーが断然おすすめです。


アミノ酸のシャンプーは洗浄力がそこまで強くないため、程よく

髪に潤いを残しながら洗うことができるからです。


アミノ酸のシャンプーは市販でも売られているので入手しやすい

でしょう。


またアミノ酸シャンプーはだけでなく頭皮も優しく洗いあげるので

乾燥させすぎない特徴がある。

洗浄力の強いものは必要以上に髪や頭皮から必要以上に油分を除去することで

乾燥に繋がるため使用はやめるべきです。

 

ここで先程のべましたようにデメリットが優しい洗いあがりの為に

サッパリ感がないと感じる人がいるかもしれません。


それは週に数回程度しか洗わないという人だと思われます。


本来、毎日、シャンプーをする事が必要です。

理由は頭皮の為には皮脂からでる油分に加え汗といったものを

放置すると酸化して毛穴の周りに膜を作り健康な髪が生えないからです。


この件は当サイトのシャンプー選びのポイントで述べてきましたので

そちらの記事もお読みください。👇

 

www.kamitrouble.com

 

頭皮が喜ぶ成分とは


毎日シャンプーするなら断然、アミノ酸系のシャンプーだとわかって

いただけましたか?

 

そしてアミノ酸シャンプーに入ってる成分も以前お伝えしましたが


更に今回は入ってると頭皮や髪が喜ぶ成分があるので付け加え

ていきます。

 

その嬉しい成分とは?

シャンプー剤には界面活性剤以外にも多くの成分が入っていますが

頭皮に悪影響の成分が有る事も以前お伝えしましたよね。

 

ではよい成分。入っていると嬉しい成分は

以下の成分です。


嬉しい成分:1【フルボン酸】


頭皮のバランスを整えるという特性があります。

このフルボン酸という成分が入っているだけで

推進してるアミノ酸系以外の高級アルコール系のような

頭皮や髪に悪影響があるものでもフルボン酸がその欠点

小さくしてくれるほどです。

コレがアミノ酸系シャンプーに入って入れば

最高です。

 

嬉しい成分:2【ベントナイト】

ベントナイトは粘土鉱物である『モンモリロナイト』から

できている物質でシャンプーの成分に入っていると

頭皮の汚れを吸着して落とし同時に天然ミネラルを

与えて頭皮の保湿に最適なものになります。

 

嬉しい成分:3【マコモ発酵エキス】

汚れの再付着を防止する効果があります。

あまり多く入りすぎてるとその良さが半減しますので

表示成分の下の方に表示されてる位が最適になります。

 


上記の3つの成分を含むアミノ酸系のシャンプー

見つけることができたら迷わず購入し使う事を

強くオススメします。


頭皮と髪のお手入れととして基本的な要素である

清潔にですがアミノ酸系で嬉しい成分があれば

貴方の頭皮と髪の毛は大いに喜ぶこてでしょう。


【本日のおさらい】

髪や頭皮の為には先ずは

アミノ酸系のシャンプーを選ぶことこそ

基本ということ。


頭皮が喜ぶ成分

・フルボン酸・ベントナイト・マコモ発酵エキス

頭皮に良いのだから髪の毛にも当然いいのです。

色んなお手入れはあるのでしょうがそれらを

生かす為には先ずは基本のシャンプーを

アミノ酸毛が最低条件だと認識して欲しいのです。