from30/龍ブログ

何らかの問題解決から日々思いついた事を好きに発信する雑記ブログです。

炭水化物ダイエットのやり方と効果や注意点

f:id:kami-nayami:20200627142925j:plain

炭水化物ダイエットとは

炭水化物を抜くダイエットの効果はあるのか?

正しいやり方があるのだとしたらその方法はに
ついてお話をしていきます。

糖質が多く含まれている(炭水化物)食べ物は

ご飯、パン、めん、いも、果物、砂糖、はちみつなどです。

炭水化物ダイエットに関心を持っている方は必見です。

炭水化物ダイエットがうまくいかないのは極端な
食事制限です。

精神的なストレスを感じるダイエットは炭水化物ダイエットに
限らず効果を減退させます。

体重が無理なく減っていくやり方を
ご紹介しましょう。

炭水化物ダイエットのやり方とその効果とは

炭水化物ダイエットは毎日の食事から炭水化物を減らしながら

カロリー摂取を抑えてダイエット効果を得ようとするやり方です。


炭水化物ダイエットについて色んな情報を見てみると

食事の際は主食に手をつけず、おかずや汁ものをよく噛んで

食べてから、ご飯やパンを食べる食べ方が糖尿病患者の

ダイエットだとテレビなどで紹介されていました。

 

炭水化物を減らすダイエットのやり方というのは基本的な

考え方は糖尿病の人に向いている食事療法ほぼ同じだと

いいます。


短期間で体内に取り入れられるという性質から、
炭水化物は血糖値を急に上げるものです。


いきなり血糖値が上がると体によくないため、
下げるためにインシュリンが出ます。


血液中に含まれている当分を脂肪に取り入れることで、
血糖値を下げるという仕組みです。

インシュリンが急激にたくさん分泌されると脂肪に
なりやすく太りやすくなるのでダイエット効果が薄いと
言う事です。


肉や魚、卵などのたんぱく質は摂取しても血糖値が

いきなり上がったりしませんが、炭水化物は多く摂取すると

すぐに消化吸収され血糖値を急激にふやしてしまいます。


ダイエットでは、カロリー量の多い肉を少なくするという
方法が一般的です。


食事から炭水化物の摂取が十分にできないと、人間の体は体脂肪を
分解してエネルギーに変え生命維持を図ります。


摂取カロリー量を減らすために炭水化物の少ない食事を

することで、脂肪を効率的に使う体にするという

ダイエットとなります。

 

炭水化物によるダイエットの気をつけるべき注意点

炭水化物ダイエットをする上で気をつけるべき注意点があります。

今までの食生活で元々、炭水化物が少ないような

食習慣の方は簡単に炭水化物ダイエットを取り入れる事は

苦労も少ないでしょう。

しかし炭水化物が大好きで今まで来られた方は意識改革が

必要かもしれません。


米やうどん、パスタなどを制限されると、献立づくりは
相当難しくなります。


炭水化物ダイエットの特徴的な点は、肉や魚など
たんぱく質の摂取が自由にできることです。

そのため、ストレスの少ないダイエットと言われています。


一方で、炭水化物をよく食べる人にとっては結構辛いかも
しれません。


食べてはダメとなると続ける事が難しく反動で
食べてしまうこともあります。

炭水化物は、体内で分解されて糖質になります。

糖質は、脳の重要な栄養源となっています。

だから絶対に食べてはダメではありません。


適度な炭水化物は必要不可欠でもあるので完全に
抜くという事は止めて下さい。


健康を害したりエネルギー不足でダイエット効果も
衰退します。

 

急激に炭水化物を抜くと意識がもうろうとしたり

少し頭の働きが低下するといった事も起きる可能性も

あります。


また炭水化物を減らした分、肉の摂取量を増やして空腹を

補っているという方もおられるでしょうが脂質の摂取量が

多すぎると血管の内側に脂質が貯まって脳卒中や動脈硬化を

引き起こすことがあるので注意が必要です。


そのため、コレステロールが高い人は、炭水化物抜きの
食事はよくありません。


炭水化物を控えるというダイエット方法は効果的な方法では

ありますが人によっては体への負担が大きいこともありますので

十分気をつける必要があると言われています。

 

最後に

炭水化物ダイエットは向く方とそうでない方と

おられることはわかって頂けたでしょうか?

ダイエットは健康的にやらなければその後に何らかの

後遺症に悩まされるという場合もあります。

炭水化物ダイエットをするにしても過剰に炭水化物を

抜いたりしないである程度の限度をわきまえて出来るなら

軽い運動を取り入れる事をおすすめします。


~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
お願いします。


今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

これからも色んなコンプレックスや健康と病気等の
記事を更新していきますのでよろしくお願いします。

~~~~

以下のダイエットに関する記事やおすすめの
ダイエット食品についても読まれています。

 

www.kamitrouble.com

 

🔶【東尾理子さんも絶賛☞置き換えダイエット!】