from30/龍ブログ

何らかの問題解決から日々思いついた事を好きに発信する雑記ブログです。

身体を温めるとダイエット効果がアップする

f:id:kami-nayami:20210206121257j:plain

例えば冷え性の方はダイエットを始めても
効果が出にくい事をご存じですか?

身体を温める事でそのダイエット効果が
アップするって事を先ずは知りましょう。

その為にどうすればいいかについて
お話していますので参考にして見て下さい。

身体を温めるとダイエット効果がアップする

体が冷えやすい人は、ダイエットがしづらいと
いいます。


体質改善によってダイエット効果を高めるには、
冷えの解消が効果的です。

体温が一度上がるだけで基礎代謝はアップし、
痩せやすくなるといいます。


ダイエット効果だけではなく、体を温めることで
便秘解消、免疫力アップ、肩こりや腰痛の解消など
さまざまな効果があります。


ダイエット効果をよりアップさせるため、
肩甲骨を温めるという方法かあります。


肩甲骨の近くには褐色脂肪細胞という

細胞があり、脂肪の燃焼に関係しています。


加齢と共に褐色脂肪細胞は少なくなっていくため、
肩甲骨を温めるなどの刺激が効果を発揮します。


肩甲骨近くの筋肉を積極的に動かすことで、
褐色脂肪細胞の働きを高めることが可能です。


ダイエットしやすい体を維持するためには、
ストレッチで肩甲骨周りの血流を促進することです。

 

肘を軽く曲げた状態で肩を前後に回すような
体操で十分ですので意識して続けてみましょう。

もう一つはふくらはぎです。


ふくらはぎが冷えている人は案外多いようですが、
自覚していないのではないでしょうか。


冷えやすい理由は、ふくらはぎは運動量が少なく、
血液が滞りやすい部分であるためです。


血液の流れがふくらはぎを起点に悪くなったために、
冷えやすくなる例もあります。

ふくらはぎのエクササイズは、つま先でしばらく立って
みるなどの方法があります。

 

家事の最中や、テレビを見ながら、ふくらはぎを
温めましょう。


ちょっとした運動で冷えが気になる部分の血流を改善し、
温めることによって、ダイエットの効果を高めることが
可能です。

効果がある痩せるためのダイエット方法

世の中には数えきれないほどのダイエット方法が
存在していますが、自分にとって効果があるものは
一握りです。


どうすればそれが見つかるでしょう。

自分の性格や、何キロぐらいをどのぐらいの期間で
痩せたいのか考えましょう。

どんな方法を選べば痩せることができるのか、
自分に合っているのかを良く考えて見ましょう。


いつも家で食事をつくっているため、ダイエット食の用意は
比較的手軽だという人もいます。

そういう人は、カロリー計算をした食事作りや、
レコーディングダイエットが効果的です。

逆に、アバウトな正確で、きっちり細かい面までは
詰めたくない人もいます。

そういう人は、おからクッキーやダイエットドリンクを
活用した、一食置き換えダイエットをしてはどうでしょう。

1回ぶんの食事を1回ぶんのダイエット食にするだけですから、
やり方が覚えやすく、やりやすい方法です。

自分で食事を作る必要もなく、手間もかからないのが
一番のメリットです。

体を動かしたりするのが好きと言う人は、
軽い食事制限と運動を取り入れたダイエット方法が
良いのではないでしょうか。

ダイエットに適した体質になるには、運動によって
基礎代謝を高め、代謝のいい体になることが重要に
なってきます。

せっかく痩せても、リバウンドして体重が戻って
しまっては元も子もありません。

体を動かし、筋肉をつけることによって新陳代謝が
良くなり、リバウンドしづらくなりますので、
ダイエットでは運動で痩せるのが合理的です。

痩せるダイエットのまとめ

ダイエット云々の前に体の代謝を
上げなければなりません。

その第一歩が身体を温める事です。

簡単なストレッチを習慣化する事をおすすめします。


また短期間で痩せるというのも
後々の事を考えてもNGです。

あっという間に痩せるダイエットとして広告を出す
会社は色々あります。

実際のところ、リバウンドしないでダイエットを
成功させるには、短期間では難しいのが現実です。


短期間といっても1ヶ月ぐらいであれば、
1キロもしくは2キロ程度なら痩せる事も
できるでしょう。


ダイエットの広告には、5㎏の減量が1週間で
成功したという話もあります。

しかし、健康への影響も考えると、やらない方が
いいダイエットでしょう。

ダイエットで痩せることは主目的ですが、
ダイエットをしすぎると体調を損ねてしまいます。

余りにも体の負担の大きい痩せ方をしたために、
毛が抜けやすくなったり、生理がストップしたり、
不健康そうな顔色になったりします。


無理なダイエットは極力しないように
したいものです。


1週間で2キロ減ったとしても、体は急激な
体重の変化に慣れずに、短期間で減った体重の
分を早く取り戻そうとします。


減った分がそっくり、短期間で戻って
しまったりもします。


ダイエットを短期間で行うことは、あまり効果が
あるものではありません。

目標達成までの期間を長めにとり、少しずつ痩せるような
ダイエットをした方が、結果的にうまくいくこともあります。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓        ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

本業は美容師をしています。自分のお店です。
髪の毛に関する事は勿論ですが【美・健・コンプレックス】
の解消に役立ちそうな記事を更新していきますのでよろしく
お願いします。

~~~~
以下の記事も読まれています。

☆☆☆体型の悩み【コンプレックス改善に】etc.☆☆☆