龍ブログ

気になるアレコレをお伝えする雑記ブログ

パートの損しない働き方/2022・10月~

2022/10月からパート、アルバイト、短期就労等などの社会保険の適用拡大により今までと通りの働き方では損をする場合があります。
知らないままだと扶養から外れて別途、社会保険料を払う事になって結局は収入が減るということに陥ります。
それなら【どうすれば】いいのかについて見解をお伝えしています。

~~
人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
~~

2022・10月からパートの損しない働き方

2022年10月~パートの損しない働き方
〜突然ですが
今旦那さんの扶養内で働いていらっしゃいますか

「はい」と答えたあなたは近い将来働き損になって
しまうかもしれません。

2022年最新版パート主婦のベストな年収はという
テーマです。

以前、扶養内でパート指数が稼いでもいいベストな
年収は!?

2022年の10月から社会保険の加入条件が改正されるので
知識をアップデートしないと働き損になってしまうかも
しれません。

今回の法改正で何が変わるのかしっかりと理解できまた
最新版の扶養内のベストな年収がパターン別に分かる
ようになるはずです。

家計を少しでも助けたいけど税金で損をしたくないと
いうあなたにもピッタリの内容になっていますので
是非最後までご覧ください。

以前のでは129万円がベストでした。
今回の改正によってベストな年収はこれという正解は
出しづらくなりましたので3つのパターン別にベストな
年収を結論付けます
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1つ目】
自分で社会保険料を払うのは嫌だという方は105万円がベスト
============================
【2つ目】
自分で社会保険料払ってもいいけど働き損は嫌だと
いう方は124万円以上
============================
【3つ目】
ダブルワークや従業員数などで社会保険加入条件に該当しない
場合はこれまで通り129万円がベスト
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは順番に分かりやすく説明していきます。
そもそもの2022年の10月から何がどう変わるのか
まず社会保険上の扶養の基礎知識をさらっと説明します。

原則として各30万円の壁を越えないようにすれば自分で
社会保険料を支払わなくても夫の扶養で社会保険に加入
できるというのが前提でした。
逆の言い方をすると130万円の壁を少しでも超えると
夫の扶養から完全に外れて自分で社会保険に加入しなければ
いけないのでお給料に社会保険料が天引きされて手取りが
ガクッと減ってしまうということです。

しかしある【5つの条件】を満たしてしまうと
社会保険加入の壁が130万円の壁から106万円の壁に
なってしまい106万円を超えた時点で夫の扶養から外れ
自分で社会保険に入らなければいけなくなってしまいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その5つの条件】が以下の通り
1・週の所定労働時間が20時間以上。
2・月額賃金が8.8万円以上。
3・学生じゃない。
4・勤務期間1年以上の見込みがある
5・従業員数501人以上の企業に勤務している
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この5つの条件全てに当てはまる人は130万円ではなく106万円で
社会保険の加入義務が発生するので注意が必要だという
話でしたがこの最後の従業員501人以上という条件は大企業で
パートをしている方以外は当てはまらないのでたいていの人は
130万円が壁になりつまりズバリ129万円がベスト年収だと
現場では言えるんです。

============================
しかし【今回2022年の10月から】この条件が2つ変更されます。
まず勤務期間1年以上の見込みがあるという部分から勤務期間
2ヶ月以上の見込みがあると変更されよりこの条件に当てはまり
やすくなりました。

そして次に従業員501人以上の企業に勤務しているの条件ですが
これが従業員101人以上の企業に勤務していると変わります。
============================
今までは501人以上とそれなりの大企業でパートをしている人
じゃないと当てはまらなかった条件が101人以上と人数が
縮小されて中小企業で働く方も当てはまるようになりました。

おさらい
~~~~~~~~
①週の所定労働時間が20時間以上
②月額賃金が8.8万円以上
③学生じゃない
④勤務期間2ヶ月以上の見込みがある
⑤従業員101人以上の企業に勤務している
~~~~~~~~
上記の5つの条件全てに当てはまると
130万円が壁ではなく年収106万円で
自分で社会保険に入らなくてはいけなく
なるのでこれまでの働き方を見直さなけれ
ばいけない人もかなりの数出てきます。

更にこの改正は2022年の10月だけでなく
2024年の10月には従業員数51人以上の企業に
勤務しているとさらに従業員数の条件が絞られます。
国がパートで働いている方も自分で社会保険に
加入する必要があるなぁと考えていることが分かります。
少子高齢化などの問題を考慮してのことでしょうか。
というわけで働く人たちみんなが社会保険料を
支払うような未来が待っていそうですがここで
結局どうすれば損しないの?わかんないよ?
と思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんな方のために冒頭でお話ししたように3パターンに分けて
結論を出しましたので今から順番に説明していきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
【損をしない働き方についての見解】

自分で社会保険料を払うのは嫌だという方は
【105万円】がベスト。
従業員101人以上の企業に勤めている方はほぼ全員
106万円が壁になってしまうので社会保険加入条件に
当てはまらないように105万円にすれば夫の社会保険の
扶養に入れます。
因みにざっくりの手取り額の目安ですが
✔年収105万円の方は手取り104万円
✔年収106万円の方は手取り90万4千円となり
ます手取り額で言うと年間15万円ほど違います。

自分で社会保険料を払ってもいいけど働き損は嫌
だという方は124万円以上.。
今回の改正でもう自分で社会保険に加入するのは仕方ないと
割り切った場合手取りを減らしたくないなら124万円以上は 稼いだほうがいいでしょう。
先ほども言った通り年収106万円だとすると手取り90万4千円と
壁をちょい超えすると働いた分だけて手取り額がガクッと減って
しまうのでちょい声はなんだか働き損している気分になります。
✔年収105万円で手取り104万円年収110万円で手取り94.0万円
✔年収120万円で手取り102万円
壁のちょい超えをしてしまうと壁を越えずに抑えている人より
手取り額は少なくなってしまうんですが年収124万円以上
稼ぐと社会保険料を支払っても手取りは105万円となり壁を
越えずに抑えている人より純粋に手取り額は多くなります。

ダブルワークや従業員数などで社会保険加入条件に該当しない
場合これまで通り129万円がベスト。
従業員数が101人以下の企業で働くまたは2024年の改正を見据えて
51人以下の企業で働く。
もしくはダブルワークをして社会保険加入条件に満たさない
ように働く。
このどちらかをしている場合はこれまで通り130万円が社会保険の
壁になっているので年収129万円がベストだと言えます。

ダブルワークの場合でも2つ合わせて年収130万円を超えると
夫の社会保険の扶養から外れてしまいますが一つ一つの
勤め先で見たとき社会保険加入の5つの条件に当て はまらなかった場合ダブルワークの収入が106万円を越えようが
130万円未満なをどの社会保険の扶養から外れることはありません
のでご安心してください。〜

 まとめ

まとめますとこれから先2022年の10月101人以上2024年の10月には
51人以上と106万円の壁適用の従業員数の条件が絞られてきます。
それを踏まえてパターン別にベストの年収を
考えると
①自分で社会保険料を払うのが嫌だという方は105万円がベスト
②自分で社会保険料払ってもいいけど働き損は嫌だという方は124万円以上がベスト
③ダブルワークや従業員数などで社会保険加入条件に該当しない場合これまで通り129万円がベスト。

この3パターンになります。

ここので手取り額でのお話をしてきましたが実は
社会保険に加入すると手取りが減る代わりに様々な
メリットもあるのですがそれはまたの機会にお話します。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

~~~~
こんな記事も読まれています。↓


転職・就職に年齢なんか関係ない!派遣会社の求人サイトで転職がスムーズ