龍ブログ

気になるアレコレをお伝えする雑記ブログ

寒ブリがブランド化その名は煌<きらめき>

冬の魚の代名詞ともいえる寒ブリにブランドととして認定される

<煌>ですが条件があります。
その条件とは。1度は食したい煌について簡単に解説しています。

人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ  

寒ブリがブランド化その名は煌<きらめき>とは

寒ブリ煌とは・その条件には!
冬の高級魚の王様という寒ブリではないでしょうか?
お正月の食卓にはお刺身としては欠かせない1つです。
その寒ブリですが2022/12月にある条件を満たした
ブリを煌<きらめき>と命名されました。

ブリのブランド化です。
魚のブランド化には以前からありますよね。

例えばその代表格 【大間のまぐろ<別名「黒いダイヤ」>】
本州最北端に位置する青森県大間町。太平洋・日本海・津軽海峡の
3つの海流が混ざる海に面する「マグロの名産地=大間町」という
イメージが定着していています。

関サバ・あじ<サバの名産地:大分県佐賀関>】
「佐賀関半島」の先端に位置しており、海の幸に恵まれてサバは
全国でもトップクラスに知名度があります。

その他にもそれぞれの地名でブランド化された魚はあります。

【そして今回の新ブランド寒ブリ煌】
石川県漁協が2022/12月から認定を始めた寒ブリの高級ブランド
「煌」の初競りが12/1金沢市の同漁協かなざわ総合市場で開かれ
最初に取引された1匹に400万円の値が付きました。

「煌」になる【条件】
1・【重さ14キロ以上
2・【傷がない事
3・【胴回りが十分にある事
その条件を全て満たしたものを「煌」として出荷されます。
もしかして貴方の食卓に出る日があるかもしれませんね。

 もう1つのブランドぶり

まだ家庭に新ブランド寒ブリ煌が食卓に並ぶのは高価な上に難しい。
でもお祝い事にブリを食したい筈です。
もう1つのブランドぶりがある事をご存じですか?

その名は【氷見ブリ「ひみ寒ぶり」】
氷見魚ブランド対策協議会が判定した期間に富山湾の定置網で
捕獲され、氷見漁港で競られたブリのことを言います。

氷見寒ブリの特徴は?
ちょうど産卵を控えたブリは丸々とふとり、最高に脂が
のっている状態。 
氷見の沿岸部に入ってきたブリは仕掛けられた定置網に
迷い込み、丁寧に水揚げされ、船の上で氷水に入れる
「沖締め」と言われる方法で締められ漁港へ運ばれる
ブランドぶりをいいます。

通常のブリと違い、産卵期を前に餌をたくさん食べ丸々と
太っていて脂がたっぷりのっているのでとろけるような
食感と濃厚な味わいが楽しめ、日本海の冬の味覚として
とても人気です。
これなら現実的に手に入りやすい可能性があります。
多くの人が集まるお祝い事に新鮮なブリを取り寄せて
みませんか?

【氷見ブリ「ひみ寒ぶり」】丸ごと1匹

 

その他に氷見ブリの漬け丼も人気です。

氷見ブリの漬け丼  

 

是非、人が集まるお祝い事からお正月に堪能してみてはいかがですか?

まとめ

新たなブランド魚として認定ほやほやの【寒ブリ煌<きらめき>】
中々、庶民の口に入る事は少ないですが何時の日か食して
見たいものですね。

ブリと言えばお祝い事、お正月に並ぶことが多い魚の代表です。
その新たなブランドぶりをご紹介しました。
寒い季節は魚に脂がのってとても美味しい季節の到来です。
ブリはお好きですか?

 

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

~~~~
色んな記事を書いています。↓

格安イチオシおせちカタログ集!早めのご予約で早割がお得