龍ブログ

トレンドネタ(レシピ,芸能,時事ネタ)等のお役立て情報を発信中!

DAIGOも台所「ソーセージと卵のボスカイオーラ」の作り方!イタリアン

DAIGOも台所でご紹介するのはオリーブオイルににんにくが効いた食欲が増すこと間違いないイタリアの風を感じるさせる「ソーセージと卵のボスカイオーラ」の作り方(材料等を含め)のレシピをまとめました。

ソーセージと卵のボスカイオーラの作り方!トマトソース仕立て

【🍲調理紹介ボスカイオーラってなに?
そう思われた方もいるのではないでしょうか。
イタリア語できこり風という意味です。
森の食材きのこをトマトソース仕立てに仕上げた1品です。】
<調理時間10分>

◆🥄材料◆
【<人数:2人分>】
ソーセージ6本/エリンギ/1本(60g)
しめじ60g/塩小さじ1/2
玉ねぎ(みじん切り)60g
トマトの水煮(カットタイプ)150g
ブイヨン100ml/おろしにんにく小さじ1/3
バージンオリーブ油大さじ1/卵2個
パルメザンチーズ(粉)/小さじ2
こしょう適量



🍳🔪作り方
(step1)
1・ソーセージ(6本)は斜め3等分に切り、エリンギ(1本(60g))は
軸を1cm厚さの輪切りにし、笠は半分に切り、しめじ(60g)は
小房にほぐします。
(step2)
2・フライパンにバージンオリーブ油を熱し、(1)を加えて塩(小1/2)を
して強火で炒め、軽く色づいたら玉ねぎ(みじん切り 60g)を加えて
中火で炒めます。
(step3)
3・(2)にトマトの水煮(カットタイプ 150g)、ブイヨン(100ml)、
おろしにんにく(小1/3)を加えて強火にし、煮立ったら弱火にして3分煮ます。
(step4)
4・(3)に卵(2個)を割り入れてこしょう(適量)をふり、蓋をして
更に3分弱火で火を通します。
(step5)
5・(4)を器に盛り、パルメザンチーズ(粉 小2)をふります。


ワンポイント
ボスカイオーラはイタリア料理の定番です。
ボスカイオーラの意味はきのこが主な食材である
イタリア料理を指しています。

ボスコには森という意味があり、ボスカイオーラ(boscaiola)は
木こり風というイタリア語に由来しています。
あまり日本には馴染みがありませんが時にはイタリアの風を
感じながらもいいかもしれませんね。

その他にも記事を更新しています!
~~~~~~~~~
色んなレシピを題材にしている記事を書いています。 DAIGOも台所「海老の卵とじ」の作り方!エビの甘みとふわふわの卵の相性◎

~~~~~~~~~