龍ブログ

トレンドネタ(レシピ,芸能,時事ネタ)等のお役立て情報を発信中!

飼いにくい犬/理由と注意点~こんな筈じゃなかったという前に!

犬を家に迎えようと考えている方に必見です。
可愛いだけで飼うと後悔しない為に飼いにくい犬についてお話します。
実は】人気はある犬種でも飼いにくいとされる種があります。
【何故?】飼いにくいのかにつての【理由】と飼った場合における【注意点】を知っておいて損はないですよね。

~~
人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
~~

飼いにくい犬/理由と注意点

家に迎えた犬は一生、面倒見ていかなければならないのですからその犬種の性格や習性を知る事で飼うのとそうでない場合とは大きく違います。
先ずはそれらを知る事から飼う犬を選択していきましょう。

◆【フレンチ・ブルドック】◆
特徴>:シワシワ顔にクリクリの目、
ぺちゃんこな鼻に大きなコウモリ耳。
いびき、おならもします。
飼うのが大変な理由>:病気がち(皮膚病、呼吸器系など)
          体温調節が苦手(暑さにも寒さにも弱い)
意外と力が強い(嚙む力、突進力、引っ張る力、
抜け毛、体臭、よだれ、太りやすい上に
運動が苦手、医療費等にお金がかかる)等
健康面では10歳の壁などと言われる。
病気がちで短命なので毎日の健康チェックは
重要となります。
甘えん坊な反面闘犬の血を引いているので
気が強く頑固です。
興奮スイッチに注意】です。
迎え入れを考えるなら愛らしさだけでなく歴史
(牛に噛みつき戦いやすいように
重心が低く潰れた鼻に改良)
リスクを理解した上で飼う必要があります。

 

◆【ジャック・ラッセル・テリア】◆
特徴>:小さな体に驚きのパワーを秘めた活動的
飼うのが大変な理由>:パワフルすぎて体力とスピードがある、
吠えやすい、落ち着きがない、抜け毛が多い、気が強い、
家の中がボロボロになるくらい
いたずら好きでやんちゃ。
可愛らしい容姿とパワフルな気質のギャプから
飼いきれず飼育放棄が多発したという
現状があるようです。
注意点】:気が強く力強いので飼い主の力不足を
悟ったら暴君と化し事故やトラブルには
要注意です。
小さい=飼いやすいという概念はなく獲物を追う、
噛む、吠えるハンターの本能を
宿しています。



◆【パピヨン】◆
特徴>:IQは小型犬ではトップクラス
飼うのが大変な理由>:活発なゆえに脱臼、骨折しやすい。
警戒心が強く噛み癖や吠え癖がある。
長毛でありからみやすく毛玉になる。
甘やかすとワガママに。
注意点】:悪い事もすぐに覚えイタズラも
相当な知恵があるので厄介。

 

◆【ボーダー・コリー】◆
特徴>:IQは全犬種の中でNO1。
ずば抜けた知能と観察力、運動能力を合わせ持つ。
飼うのが大変な理由>:賢すぎるゆえ能力を持て余す。
果てしない知恵比べになる。運動欲求が高いので
散歩をさぼると問題行動にでる。
牧羊犬気質で動くものへの執着、警戒心が強く神経質。
しつけを間違えると吠え癖、噛み癖、攻撃性と
手に負えなくなる可能性がある。
また放置するのが向かず誰かが常にいる事が必要。
注意点】:リーダーへの服従心はある反面、曖昧な態度は
すぐに自己判断で吠えたり噛んだり問題行動に繋がる
可能性もある。
動くものにも反応するのでしつけの段階で車への
飛び出しを制御させる事も事故につながる
可能性を無くせる。
散歩をさぼると何かしら破壊行動にでる。
飼育放棄が多い犬種。コントロールが困難。
並外れた行動欲求に見合うトレーニング、
しつけが必要ななる。

 

◆【柴犬】◆
特徴>:素朴で凛々しく個性的。日本犬唯一の小型犬。
柴犬はオオカミにDNAが最も近い
犬種であることがわかっています
飼い主以外には全然なつかない。
飼うのが大変な理由>:元々、猟犬で気質が荒い。
しつけが簡単ではない。
柴犬お断りの施設があるくらいです。
警戒心がずばぬけてあり吠え癖の制御が必須。
抜け毛が多く換毛気はバケツ1杯にもなる。
アレルギー体質で皮膚病対策が一苦労に。
また13才頃から認知症を発症しやすい。
注意点】:柴犬には大きく分けて2種類。
縄文時代の祖先犬に近い特徴をもつ【近いキツネ顔】と
進化の過程で発生した【たぬき顔】。
柴犬は気質の個体差が激しい犬種なので飼うには
心構えが必要でブリーダーに血統や親犬を
確認すことをおススメします。

 ~~
いかがでしたか?以外?と感じた事もあるかもしれませんね。
要はしつけを根気強くできるかに関わってきます。
せっかく家に迎え入れたのですからしつけは飼い主の責任に関わってきます。
なんとなく犬を飼ってみようかなという安易な考えでは後悔しますので飼う場合は色んな事を踏まえて慎重になる必要がありますね。
~~
犬のしつけってできるかな?
プロにお願いするのもありだけど費用面が気になる。
もし自分でできる方法を教えてくれるなら
そんな方に向けた【犬のしつけの教科書がコレ↓】

上手な犬のしつけ方 

~~

まとめ

どんな犬も可愛いだけでは飼えません。
飼いにくい、飼いやすいは飼い主自身の知識や備えで変わるものです。
選んだ犬種の特性を尊重してあげる心構えがあるのなら飼うのもありでしょう。

どちらにしても【しつけ】は重要なポイントになります。
今回ご紹介した飼いにくい犬種だけでなく全ての犬にはしつけを根気強く行う必要があることを知ったうえで家に迎え入れる覚悟が必要です。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

~~~~
こんな記事も読まれています。↓

 ➡ 龍ブログ<トップページ>