龍ブログ

気になるアレコレをお伝えする雑記ブログ

事業再生adr簡単にわかりやすく解説

コロナ過で多くの事業者が窮地に追い込まれている状況を回避させるべく制度が

事業再生adrです。
その大きな特徴として法的整理手続に頼らず債権者の協力を得ながら円滑に事業を再生させる制度です。
この記事では小難しい解説を避けて簡単にわかりやすい解説と共に経済産業省へと

手続きしやすいように進められます。

~~
人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
~~

事業再生adr簡単にわかりやすく解説

法務省と経済産業省の認定を受けた中立の立場の専門家が間に入り、
再建計画の立案や交渉をサポートする事業再生ADR制度です。

簡単にわかりやすくいうと事業再生ADR制度とは裁判所を介さず債権者と交渉をする
私的再建手続き」の1つで事業を続けながら再生を目指す制度を言います。

主に金融機関のみを対象としていて法務省と経済産業省の認定を受けた
中立の立場の専門家が間に入ってくれて再建計画の立案や交渉をサポートしてくれます。

事業再生adrにもメリットとデメリット

事業再生adrにもメリットとデメリットがあります。

メリット
1・基本的に債権者との間でのみ協議を進めるので
  取引先間や顧客には経営が危機に陥っているという事が
  わからないので信用性は守られる点
2・手続き期間が3ヶ月程度と短いため事体が
  取り返しがつかなくなるような悪化が防げる点
3・減額・免除された債権を損金処理して利益額から
  控除できるため、節税効果が見込める点

デメリット
1・第三者機関の介入or専門家の監督のもとで行う法に
  則った手続きな為、債権者と1対1で話し合う方法と比べて柔軟性に欠ける点
2・債権者全員の同意が必要な為に債権者が多いと成立させることが難しくなる点
  しかし余程の事がない限り大体は成立する場合が多いようです


申請の流れ等は経済産業省の事業再生ADR制度の
公式サイトでお読みください。

まとめ

事業再生ADRは、裁判所を通さない債務整理手続きの為、債務負担に悩む大企業にとって有力な選択肢のひとつになります。
また事業再生adrは中立・公正な第三者機関なので、債務者の代理人として行動してくれるという立場にはないので弁護士を通す事で債務者の代理人という立場で、債務者にとってベストな解決策は何かという観点から親身になってアドバイスをしてもらえるので弁護士に依頼するのがベストです。

お金に悩まされる状況を1日でも早く解放され新たな気持ちをもって事業に取り組んで頂きたいです。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

本業は美容師をしています。自分のお店です。
髪の毛に関する事は勿論ですが【美・健・コンプレックス】
の解消に役立ちそうな記事を更新していきますのでよろしく
お願いします。

~~~~
こんな記事も読まれています。↓

賃貸の退去費用を払う必要ある?