龍ブログ

トレンドネタ(レシピ,芸能,時事ネタ)等のお役立て情報を発信中!

ダイエットで体重が減り始める時期

f:id:kami-nayami:20220105160226j:plain

ダイエットで体重が減り始める時期

ダイエットを始めて体重が減り始める時期が必ず待ち受けています。そこをクリアするまでにやめてはもったいない。貴方の体重はある時期とともに減り始める時期をお知らせします。

例えば有酸素運動等のウォーキングやジョギングを行った場合は脂肪燃焼の効果が現れるのは1~3か月後です。

個人差はあるもののだいたいこのくらいが体重が減り始める時期です。
また脂肪率に変化が現れる、落ち始めるのは40日前後からです。
体重が減り始めているので諦めずに持続することです。
誰の目にも痩せたと分かるまでには約3ヶ月からです。
辛抱できずにやめたら水の泡です。

理想的な体重の減少ペース
リバウンドを絶対しない為には1ヶ月に現在の体重の5%以内
減少するペースがもっとも理想的とされています。
貴方の体重が70キロだとすると3.5㎏~4㎏以内と言う事になります。

このペースで体重が減少すれば無理なく半年以内に10kg落ちる
計算になります。
途中に停滞期があったとしても慌てないでこのペースでいいんだと
いう自覚があれば後は何も考えないでいいんだと肝に銘じて下さい。

綺麗に健康的に痩せなければ無理して多くの体重を一気に落とすと
やつれた印象にもなり特に怖いのがリバンドが待ち受けている事です。

ゆっくりと貴方自身の無理のないペースで継続する事に集中すれば
良しです。
息がゼイゼイするような過酷な運動は辛いだけでなく絶対に続ける事とは
出来ない筈ですよね。

体に負担をかけないで痩せるお手伝いなるグッツには色々とあります。
その一部として紹介しておきましょう。


 



私が今更ですがマイブームにしているものが

 


続かないダイエットは最初からやめましょう。
やるなら楽しんでできるものを貴方なりに見つける事より
始めてみませんか!

 体重の減少のメカニズム

◆体重の減少のメカニズム◆
体重の減少を目指して体に負荷のかかるダイエットをする人が
いますが健康上いいことではありません。

身長や体重は、幼少期は伸びますがある年になるとストップし
体の大きさはその域から増えも減りもしなくなります。
体重は身長よりも生活習慣や食事に左右されやすく増減幅が
大きい傾向があるといいます。

一般的には身長に見合った標準体重があるので、それらを参考に
常に自分の適性体重を維持しておくことで健康維持にも役立ちます。
もしも体に脂肪が増えてきたと思ったならば体重減少を目指して
ダイエットをすることも欠かせないことです。

体に優しい、リバウンドのしづらいダイエットを成功させるには
長い時間をかけてじっくりと行うことがポイントであるといいます。
たとえダイエットへの熱意が強くても体重の減少ペースは1ヶ月に2㎏を
目安にしてください。

ダイエットをことさらにしなくても体調不良によって体重が減少する
ケースもあるといいます。
胃腸炎を起こした時は食欲がなくなり同時に下痢などを
起こすことで何もしなくても体重が数キロ減少します。
しかしこれは、一過性のことです。
身体疾患のために体重減少が起きたのであれば健康を取りもどせば
体重も取りもどすものです。
軽々しく体重が増加したり減少しないようにという仕組みが
人間の体にはできているのです。

 体重が減少する原因が病気である可能性

◆体重が減少する原因が病気?◆
体重の減少理由は人によって様々のようです。 ある程度の年齢に達すると体重の変化は小さくなりがちです。
全く変わらないわけではありませんが変わってもプラスマイナス2㎏の
範囲内であり、大体の体重は確定しています。

風邪や胃腸炎などの一時的な体調不良などで体重が減少することも
あります。
病気の場合は、食欲がない、下痢やおう吐をするといった食事からの
エネルギー摂取量が少なくなるのが主な原因です。
健康状態が元通りになることによって、減少していた体重も
元に戻ります。

特に食事の量を変えていないのに体重が減少する場合、運動量が増えて
いることが原因になっているケースもあります。
ダイエットをする人の中には、食事の量はそのままで運動を中心に
行うこともあります。
運動量を多くすることで体脂肪を燃やすことができるために
体重も少しずつ減っていき体も締まると言われているようです。
体重が減少する要因に思い当たる節はないけれど体重がどんどん減って
いく場合もあります。
特に気をつけるべきことは、臓器にトラブルを抱えている場合や
代謝や内分泌器官が良くない場合です。
食欲が変わったつもりがなくても、見えない理由で体重が徐々に
減少することがあります。
あてはまるなら病院での診察をお勧めします。

まとめ 

体重はゆっくりと少しずつ減少させる事が健康的にも大切とお分かりいただけたでしょうか。
ダイエットは根気がいる作業です。
そもそも意志が弱く自身を甘やかした結果が今の体型と言わざるを得ません。
そんな方がハードな運動なんて無理な話です。
そして早く痩せたいと願います。
出発点から間違っているのです。
ゆっくりと今まで動かしていない箇所を少しずつ動かしていくことでだけでOKです。
自分に厳しいハードルを化さないことです。
のんびりとしたペースで永く続ける事がおのずと結果として現れます。
急がないが何よりのポイントといえるでしょう。

ここまで読んで頂いてありがとうございます。 人気ランキングに参加しています。
今日は何位になってるかな?
皆様の1クリックが順位に反映されますの宜しければポチっと
お願いできると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
そして<読者になるボタン><お気に入り・ブックマーク>等を
してもらえると記事を書く励みになりますのでよろしくお願いします。

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。
近々販売されるダイエット薬品について書いています
ご興味ある方はご覧ください。↓
抗肥満薬アライ(オルリスタット)が処方箋なしでドラックストアで購入可能に!