龍ブログ

気になるアレコレをお伝えする雑記ブログ

年賀状作成を安く済ませる方法~安心して信頼できる業者へ委託するだけ!

毎年訪れる年賀状の時期に慌てる事無くしかも安く年賀状作成する方法に特化している業者があります。
実は私も毎年依頼していてとても満足しているからです。
その業者を選ぶポイントは安心して信頼でき安くあげられる事が一番重要です。
年賀状作成を安く済ませる方法といってもどこの業者がいいかわからないですよね?

私が実際に依頼してて満足している専門業者も合わせてご紹介します。

きっとこの先も依頼したいと感じる筈です。参考にして見て下さい!

~~
人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
~~

年賀状作成を安く済ませる方法

忙しい時期に年賀状の事を考えるだけで湯鬱になりませんか?
その煩わしさから解放できます。心配は無用です。

ココでは先ず年賀状の方法や安く済ませる方法についての概要をお伝えしましょう。

◆【年賀状 安く済ませる方法<ポイント>】◆
1.印刷にかかる料金の割引サービスを利用
印刷業者に印刷を依頼する場合キャンペーンや
早割を活用すれば業者によっては割引率に違いも
あってお得に利用できるところを選ぶも良し。

2.無料ソフトやアプリを活用して年賀状作成代
年賀状作成ソフトやアプリは無料でも機能的に
十分に優れています。
手軽に使えるスマホアプリなど、さまざまな
種類があるので無料ソフトやアプリの活用は
安く済ませるにはおすすめです。

3.ネット注文
私も活用しているネットで注文する方法で
注文が集中する時期を避けて早めに注文すると
高い割引率が適用されデザインも豊富で
超おすすめな方法です。

4.店舗(写真屋等)注文
写真屋で直接注文する方法で高水準な画質
印刷ができます。
写真入り年賀状を印刷するのに適して申込書を
書いてデータを渡すだけで注文ができる手軽さが
良いです。
またデジタルデータやネガがない写真からでも
年賀状を作ることができます。
但し印刷料金は高めになります。

5.コンビニで印刷もしくは注文
公式アプリを使用してデータを作りマルチ
コピー機で印刷するかそういう手間を省き
コンビニの印刷サービスに注文する方法が
あります。
但し印刷はカラー1枚あたり60円程度高く なるのがネックです。

6.自宅のプリンターで印刷
自宅にプリンターがあってパソコンで作成
できる方は上記の中でも一番安く抑える事
できます。
でもデザイン等で余程の知識がないと
難しいかもしれません。

 

時間や手間、そして料金も安く見栄えも良い年賀状を作って印刷までと楽なのは業界でも安心して託せるのは私もこれまでに数十回と利用して年賀状作成業者は手間もなくデザイン性にも優れていて超おすすめです。

詳細気になった方は↓

年賀状印刷なら激安ネット印刷のラクスル  

毎年、9月頃から予約を受け付けているようです。

私が年賀状等を専門業者に依頼する理由

年賀状等を専門業者に依頼する理由は何と言ってもデザインの豊富さとデザイン料が無料と印刷物の安さがあげられます。
以下にまとめてみます。

◆【ラクスルの魅力】◆
1・約三百点のデザインテンプレートが全て無料で利用可能
2・約三万点の無料画像素材を利用してデザイン作成が可能
3・お客様が作成したオリジナルデータももちろん印刷可能
4・スマホからもデザイン作成、入稿が可能に
5・宛名印刷がなんと無料
6・印刷から投函代行も無料
7・Pマーク、ISMSも取得しており個人情報の取扱いも安心

更に9月30日まで通常価格より最大75%OFFの早割キャンペーンを実施。

 

ここまで聞いて何か不服はあるでしょうか?
超安くてデザイン豊富で無料な上に宛名も無料です。
更に印刷は早めの予約で信じられない価格です。
選ばない理由がありません。
だから私はココ以外には依頼しません。

検討する価値は十分あると思いませんか。

まとめ

年々、年賀状を出すという風習は少なくなりましたよね。
でもメールやSNSで済ませるのも寂しものです。
また年末は色々とわずらわしさもあってついつい年賀状は後回しになりがちです。
でも早めの対処で年賀状は安く済ませる事だってあるのですから心のこもったデザインと文面で余裕をもって専門家に任せるのも1つの方法ですよね。
私がお気に入りだからという訳でもありませんがラクスルはこの先ずっと付き合っていくのも悪くありませんよ。
頭の片隅にでも残しておいてください。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

~~~~
こんな記事も読まれています。↓

お中元いつからいつまで?マナーと必要性