from30/龍ブログ

気になるアレコレや色んな分野を調査して参考にしてもらえるようお伝えしてる雑記ブログです。

地域によって異なるお盆の時期の訳と具体的に何をするのが正解なの!

f:id:kami-nayami:20210806100200j:plain

今更なのですがお盆って何よ?

信心深くない私はお盆が近づく事で不意に
感じたことより勉強して見ました。

一般的にお盆の時期は毎年8月13日~16日ですが
地域によっては違うのをご存じですか?

16日?私はてっきり15日迄と思っていたので
1つ賢くなりました。

それは何故なのか?

またお盆に何をするのが正解なのかあまり深く考えた事が
なかった私が調べてみる事にした件です。

地域によって異なるお盆の時期とその訳は

お盆は一般的に毎年8月の13日~16日をいいますが元々は旧暦の7月13日~16日だったそうです。

明治6(1873)年に日本は新暦になった事で1カ月ずらして(月遅れにして)、8月15日前後にかわりました。

しかし地域によってこのお盆の時期が違います。

沖縄県、鹿児島県奄美地方を除いて(※ほぼ全国)8月の13日~16日です。
~~
※細かくは同じ県でも市、町、村によって異なる場合はあります。

因みに実家である佐賀県伊万里市は7月です。

佐賀県では一般的に8月です。

このように同じ県でも異なる事がわかります。
~~
東京の都市部(多摩地区以外など)や、金沢市の旧市街地、
静岡市などの一部の地域では7月13日~16日です。

上記のような地域の中でも現代の都合に合わせた時期に
執り行われる事も多くなったようです。

例えば旧暦の7月をお盆とする地域では農作業も忙しい時期と
重なってしまいまうというところでは8月に以降されたという訳もあり

また会社勤めの場合(一般的なお盆休みは8月13日~が一般的)な為、
この時期に以降した経緯もあるようです。

まぁ今を生きる人たちの都合に合わせた感じとも言えますね。

 

お盆の意味と由来について

お盆は故人やご先祖様の魂が、あの世と呼ばれる世界(浄土)から

この世(現世)に戻ってくる期間のこと。幼い時にも親からそう言われていましたね。

故人が生前を過ごした場所、主に自宅でお迎えして、冥福を祈るとともに
霊魂を供養する時期とされています。


お盆の由来は、仏教の開祖であるお釈迦様の弟子が地獄に落ち
た母親を救うため、7月15日に霊を供養したというのがそもそもの起源です。

目連尊者がその教えのままにしたところ、その功徳によって母親は極楽往生が
遂げられたということから、精霊を供養する盂蘭盆会の行事が生まれたといわれています。

 

お盆にする具体的な事

8月13日は迎え盆と呼ばれご先祖様をお迎えに行くという意味合いから

お盆の墓参りは、13日に行くのが一般的です。

しかし必ずしもそうだという事ではなく自宅に仏壇に手を合わせるとかなければ心の中に思う事でもいいようです。

<お墓に行かれるなら>

【お墓の前で合唱】➡【お墓の掃除】➡【打ち水で墓石を清める】➡【お供えをする】➡【お線香をあげ合掌】➡【後片付け】

【自宅では】<13日>夕刻に「迎え火」を焚いてご先祖様をお迎えします。
      <仏壇の掃除>➡<盆提灯などの用意>

<14,15日>ご先祖様は精霊棚に滞在すると考えられています。果物や甘味、お膳などをお供えします。

f:id:kami-nayami:20210806100508j:plain

<16日>ご先祖様は午前中まで自宅にいるといわれ朝はお供えをします。夕方暗くなってきたら、「送り火」を焚いて送り出します。


お盆期間中にお墓に行けない場合は他の日にお参りするのも良いとされています。

 

初盆の迎え方

仏様になった故人が四十九日の忌明け後、初めてのお盆を新盆といいます。

新盆は特に手厚く供養するのが一般的です。

例えば、普通のお盆では模様の入った盆提灯を飾るのですが

新盆では絵柄の無い白提灯を飾り、僧侶や近親者を招いて

初盆法要を営みます。

この白提灯はお盆が終わると、送り火で燃やしたり
お寺に納めたりするのが一般的です。

 

お香典について

久しかった方やご近所の方が故人であるお宅に訪問される場合にはお香典を持って行くというのが常識です。

金額は決まっているわけでなくご近所さんであれば町内会等であらかじめ決めておくのがいいでしょう。

あくまでも一般的な金額の相場は5,000円から1万円くらい。
お葬儀のお香典と同額程度が目安と言われています。

因みにお香典の表書きは【御仏前】または、【御供物料】と書くのが良いでしょう。

 

本日のまとめ

お盆は地域によって7月のところ8月のところがあるのがわかりました。

もともと旧暦の7月15日に行われていたお盆も、明治6(1873)年に改暦後には新暦の8月15日に行われるようになりました。

都会では新盆の8月13日~16日が多く基本は旧盆とされる7月13日~16日に行われることがまだ多く残っています。

人の都合で7月より8月の方に連休とする事が良かったのもありますし夏休みの時期にあたる8月になったのが本当のところでしょう。

今の若い方にはあまり関心がない行事かもしれません。この先は先祖を敬うという心はなくなっていくかもしれませんね。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

本業は美容師をしています。自分のお店です。
髪の毛に関する事は勿論ですが【美・健・コンプレックス】
の解消に役立ちそうな記事を更新していきますのでよろしく
お願いします。

~~~~
以下の記事も読まれています。

 ★★★季節の行事etc.★★★

◇◇健康【サプリorグッツ偏】◇◇ 

★★ヘアケア【シャンプーorその他】etc.★★

★★髪の毛の悩み【薄毛偏】etc.★★

★ちょっと気になるジャーナル

★学び

★美容師の気まぐれ日記

★花粉症orその他の全般悩み

☆☆☆アンチエイジング【美容偏】☆☆☆

☆☆☆体型の悩み【コンプレックス改善に】etc.☆☆☆

☆☆☆体臭【臭い偏】etc.☆☆☆

🔶【女性に特化した育毛剤】

🔶【男性のAGAに特化した育毛剤】

🔶【選ぶべきシャンプーはコレ】

🔶【傷まないカラートリーメントの勧め】