龍ブログ

トレンドネタ(レシピ,芸能,時事ネタ)等のお役立て情報を発信中!

食彩の大国【幻の鯖「お嬢サバ」or「さばみちゃん」】絶品の養殖サバ

食彩の大国でご紹介するのはサバです。地域の特産品を開発する為にJR西日本と鳥取県が、サバの陸上養殖プロジェクトを始め最適な地下海水を掘り当て「お嬢サバ」の養殖を開始する物語です!

うまいサバを作りたい!「お嬢サバ」「さばみちゃん」家族の挑戦物語

「お嬢サバ」養殖の成功までの道のり!
鳥取県岩美町で、サバの養殖場を営む田島大介さん。
地域の特産品を作ろうと、JR西日本と鳥取県が、サバの陸上養殖プロジェクトを始めます。

JR西日本と鳥取県から要となる地下海水の掘削を依頼されたのが田島さん。
そして4年後、JR西日本と鳥取県から事業を引き継ぐことに。
「新しいサバを自分で育て、地域を盛り上げたい」とう想いが強くなり試行錯誤の日々。
やるからにはと設備も改善し、エサにもひと工夫を加えます。
新たな“養殖サバ”「(さばみちゃんorお嬢サバ)」を育て上げるまでの苦悩を「食彩の王国」で紹介されました。

幻の鯖「お嬢サバorさばみちゃん」とは?
JR西日本がプロデュースする鳥取県岩美町で生まれたマサバ「お嬢サバ」の事をいいます。
地下海水を使い陸上養殖することで、寄生虫が付きにくく安心して生で食べられるという特徴があります。
更に青魚特有の臭みが少なく、身は驚くほど美しく、上質な脂が味わえます。
お嬢サバには、魚の粉、ビタミン、穀物などが混ざったお嬢サバ専用のエサを!「さばみちゃん」のエサは白イカ・赤ガレイ・岩カキを潰したものや地元にある飲料の工場で出た柚子の絞りかすを粉末状にしたものなどを使用。
「お嬢サバ」が先にできたブランドでその後。妹分的な感じで「さばみちゃん」ができた。 与える餌に違いはあるもののどちらも生で食べても寄生虫が付かない手法で育てられているのでどちらも安心、安全なブランド鯖です。


番組内では鳥取フレンチの匠דさばみちゃん”新作と題してフレンチの寿司”
さらに、サバの身を藁で炙り、香りと旨みを堪能できる逸品をご紹介しました。
臭みがなく寄生虫が(アニサキスの幼虫)がつかないという点は何よりも嬉しい所ではないでしょうか。

その他にも記事を更新しています!
色んなレシピを題材にしている記事を書いています。 以前ご紹介した「三郷ジューシーあすぱら」レシピ!良かったら参考にしてみて下さいね。↓
食彩の王国「三郷ジューシーあすぱら」を使ったフレンチの作り方!