from30/龍ブログ

気になるアレコレや色んな分野を調査して参考にしてもらえるようお伝えしてる雑記ブログです。

知って得する?知らなくても損はしない摩訶不思議雑記

f:id:kami-nayami:20201113122033j:plain

ただの雑学程度の得するかもしれないし損はしないけど

合法でない場合もあって

「まぁネタ話程度に知っててもいいかもね」と

いう日記です。あまり真剣にならないように!

夜逃げするなら注意するポイント

夜逃げをする人の多くは行き先がバレるのを防ぐため、

住民票を移動しないで逃げるものだが行き先が簡単に

サラ金業者等にバレてしまう場合があるので注意が必要です。

何故、居場所がばれるのかというと

「郵便局の転居届」と「簡易書留」。

 
郵便局に転居届を出すと引越した後も前の住所に届いた

郵便物を一年間引っ越した住所に配達してくれるが

実はこれがバレる原因だったのです。


簡易書留で旧住所に送ると、最初は普通郵便と同様に

「宛名の住所には見当たりません」と判を押されて

戻ってくるが2~3回送り続けると新住所を書いた紙を

封筒に貼って戻してくれる為です。

だから逃げられた債権者達は郵便物を物色して逃げた場所を

探すという訳。

だから郵便物は大丈夫だろうと転居届等をだしたら

逃げた意味がなくなるというわけです。

くれぐれもお気を付けを!

 

26歳以下の社会人が学割を使う裏技

学割という制度は、日本だけでなく世界各国で実施されています。

中学生、高校生、大学生をはじめ専修学校生も

「国際学生証」があれば世界の交通機関を割引料金で

利用する事が出来ますよね。


これは学生証のコピー等の必要書類を国際学生交流財団

学生協事業センターに申し込むと即日交付してもらえる。

しかし学生にはこのような優遇措置があるのに社会人の若者に

ないのは不公平だなんて思うかも。

そこで1985年に「フィートカード」というカード

が発行されるようになった。

パスポート写真などの必要書類があれば東京ユース・ホステル協会などで

すぐに発行してもらえるようです。

但し26歳以下の人だけが対象です。

カードかあれば国際学生証とほぼ同等の割引が

受けられるので便利だけど。わざわざそんな事をしますか?

 

夢か幻か!資本不要でできる宝探しとは

「こちらはちり紙交換でございます、古新聞・古雑誌ございましたら

何なりとお申しつけください。こちらから取りに参ります。」

まぁ昨今では消えつつあるがやれば幸運が舞い込む可能性がある。


今では特に何かと交換する必要はありません。

今の時代は捨てるにもお金がかかるから。

それを逆手に無料で不要物を引き取りますというと

簡単に手に入ります。

 

集められた古雑誌やその他の廃品、古着、非鉄金属などはいわゆる

建場と言われている場所に回収される。


この建場こそ儲かる要素のたっぷり詰まった絶好の

場所なのである。


本来建場には多くの古新聞・古雑誌・古本などの古紙が

回収されているがこの中から高価な古本・古雑誌を

見つけてだすというわけです。


この場合どんなものを捜し出せばいいかと言うと

・「絶版になっても価値のある古本」
・「古典籍といわれる貴重な文献」
・「新刊書の古くなった古書」
・「雑誌のバックナンバ-」などが上げられる。


そうは言っても素人ですべてに通じることは難しいので

自分の分かる分野の物から徐々に探し始めていくと良い。


また日本の古書通信社・東京古書会館で古書の情報が

入手できる。

そうして見つけ出された古書を古本屋や古本市に

売るといわけです。


掘り出し物などを見つけると1冊数十万円で売れることもあり

思いがけない儲けが期待できる。


基本的にちり紙交換業者から古書などを買う場合は

市場価格の半値で買うとよい。


さらに何軒かのちり紙交換業者(建場)と契約して

おくとかなりの儲けが期待できる。


ここで通常の古紙の流通について少し触れておきましょう。

一般的にちり紙交換で集められた古紙は建て場に

回収されその後古紙問屋を経て製紙会社へというような

経路をたどる。


最近は、いろんな雑誌や本が氾濫していてまた豊かさも

加わって何でも捨てる習慣がついている。

「じっくり探してチャッカリ売る」これこそブックハンタ-の

精神なのだが実際にやるとなるとどうでしょう?

でも挑戦する価値はあるかもしれないというお話でした。

 

本日のまとめ

いかがでしたか?役にたつかというと微妙かなと

感じたのではないでしょうか。

しかしこれらの事がヒントとなり自分なりに思いがけない事が

身に付く場合も否定できません。


でもその大半はへぇそうなの?程度で留まる筈。

それはそれでいいのです。

しかし世の中にはつわものがおられます。

ほんの一握りの方が大成できるチャンスは何気ない所に

落ちているのかも知れませんね。

 

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓            ↓


 

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

 

本業は美容師をしています。自分のお店です。
髪の毛に関する事は勿論ですが【美・健・コンプレックス】
の解消に役立ちそうな記事を更新していきますのでよろしく
お願いします。

~~~~
以下の記事も読まれています。

 

www.kamitrouble.com

 

www.kamitrouble.com

 

www.kamitrouble.com

 

www.kamitrouble.com

 

www.kamitrouble.com

 

~~~~