龍ブログ

気になるアレコレをお伝えする雑記ブログ

薄毛は遺伝するは本当なのか?

f:id:kami-nayami:20201016104641j:plain

薄毛は遺伝すると聞いた事はありませんか?
実は本当です。
しかし100%ではありません。
遺伝以外にもAGAを発症する可能性がある事について解説しています。
諦めないで回避できる可能性があるからです。

人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ  

薄毛は遺伝すると言われる理由には



遺伝する理由
薄毛に悩んでる貴方もしくは将来は遺伝だからしょうが
ないと思っていませんか?
諦めた時点で終わりかも!薄毛又はハゲ頭にならない為の
指南書になれたら嬉しいです。

では薄毛は遺伝する?結論は可能性が高いという事。

【理由】
AGA発症には「テストステロン」と、「5αリダクターゼ」という
酵素の結合にありました。

【テストステロン】とは男性ホルモンの事。
【5αリダクターゼ】とは皮脂腺や毛乳頭細胞に存在する
酵素の事。

テストステロンと5αリダクターゼが結合すると多大な髪の毛に
影響を及ぼします。

5αリダクターゼは親から子へ引き継がれやすく父又は母方の
家族が薄毛の場合、子も薄毛の体質を受け継ぐという研究
結果があります。

テストステロン(男性ホルモンレセプター)の感受性が強いか
どうかでAGA発症度合が関わってきます。
感受性の強さは母方の家系に薄毛の方がいると遺伝する
可能性が最も高いとの事。

中でも母方の祖父・曽祖父の両方とも薄毛なら・・・
AGAを発症する確率は非常に高くなるという傾向があるようです。
コレにも理由があって染色体が関連しています。

男性はX染色体です。女性はXXです。
そのことから男性は父親のY染色体と母親のX染色体を
受け継いで「XY」染色体になるということで母親からは
遺伝しないというなようです。

父方の家系からも遺伝することもあります。
母方に薄毛の人がいなくても、父親が薄毛または父方の家系に
薄毛の人がいれば薄毛になる確率が高まります。

少々、小難しい話になりましたがそれらをみると薄毛は遺伝する
可能性が高いという結果が見て取れるというのがわかります。

 遺伝以外でも薄毛になる可能性

遺伝だけではない!

【1・ストレスをためる】
自律神経が乱れ、血管の収縮の異常を引き起こり血管が
収縮すると血流が低下して頭皮に栄養が回らなくなる。

【2・生活習慣の乱れ】
・睡眠不足・毎日食事の時間が不規則・運動不足など習慣の
乱れも頭皮の栄養不足に繋がります。

【3・偏った栄養バランス】
髪の毛の主成分となるタンパク質や髪の毛の成長を促すビタミン、
ミネラルを摂取などバランスが崩れても髪への影響があります。

薄毛を防止する為に食生活は大変大事です。

 薄毛の遺伝を回避

◆【薄毛を回復、回避する為には】◆
薄毛の遺伝を回避する具体的なことは上記でも挙げた事を
意識する事です。

【1・体の中から着手していく】
・揚げ物などの脂っこいものや偏った食事の見直し食事の理想は
和食中心で色んな食材を偏らないで色んなものを摂りましょう。
一時ではなくこの先も続けなければ体質は簡単に変わることは
ないからです。

【2・ストレスをなくす】
現代社会(仕事、人間関係、家庭等)でストレスはつきものです。
また、本人がストレスを感じていなくても体はストレスを
感じている事が多々あります。
それを回避するには自分に合った気分転換になるものを忙しい
中からも意識的に作ってする事が必要です。
毎日でなくても1週間でも月1でもいいのですから。

【3・睡眠】
睡眠不足は頭皮のトラブルを発生させる元凶ですので十分な
睡眠を心がける事。

【4・外的要因で気を付けるべきこと】
頭皮の環境を整えるです。畑と同じで土が悪いと
良い作物は育ちません。
同様に頭皮環境が悪いと強く太い髪は育ちませんし
最悪ヘアサイクルが止まり生えてこないいわゆるハゲる
ことにつながります。その対処法には。

頭皮を清潔な状態に保つことです。頭皮は汗をかきます。
運動していなくても汗は必ずでています。
それを放置した状態では汗が酸化して頭皮にへばりつきます。
最悪な状況は毛穴に詰まり息ができない状況になります。
そうなるとヘアサイクルの乱れを生じ髪が生えないのとフケや
かゆみ等の影響を及ぼしてしまします。
それを防ぐためには清潔に保つ=毎日きれいに洗い流す
ことが必要不可欠です。

頭皮に刺激を与えない弱酸性系のシャンプー剤であれば
毎日洗っても構いません。というより洗うべきなのです。

・次に清潔に保ったら潤いを与えます。
例えば顔を洗ってそのままという女性はいないと思います。
必ず化粧水をつける筈です。頭皮も同じなのです。
頭皮を乾燥から守らなければなりません。
そこで頭皮の化粧水=育毛剤です。

「ん?育毛剤」と思われましたか?
育毛剤は髪を生やすという役割だと思って
いないでしょうか?
確かにそういう役割はないわけではありませんが
大事な役割を担っています。

髪の量が少ないから育毛剤という発想は間違いです。
毛量に関係なく顔と同じ頭皮のお手入れの1つとしての
役割がある事を知っておいてくださいね。

以上が薄毛を回避する為の最低限です。
そしてやり続ける事は言うまでもありません。
先ずは習慣ずくまで1つ1つをやり始めてみましょう。

遺伝を防げます。
遺伝だからと考えていては良い結果にはならないという事ですね。
参考にしてみてはいかがでしょうか。

 まとめ

薄毛は遺伝する可能性が高いのは確かです。
しかし必ずしも遺伝するわけではありません。

「遺伝だからその内には・・・」
なんて考えても仕方がない事です。

実は回避する事はできます。
その為に必要な事は第一に頭皮を常に清潔に保ち頭皮が乾燥しないように潤いを与える事にあります。

汗は毎日、動いていなくても頭皮からでていますので洗い流す事が必要です。
例えシャンプー剤を使わなくてもお湯で流せばいいだけです。

不潔にしていると良い事はありません。
後は十分な睡眠とバランスが取れた食生活を守ればいくらでも回避できますので信じてやって見て下さい。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

~~~~
色んな記事を書いています。↓

ミノキシジル5%で得られる効果と効果が出るまでの期間は?!