龍ブログ

気になるアレコレをお伝えする雑記ブログ

ソフトB戦力外・松田宣浩が退団の経緯とその後の移籍先を考察

画像:日刊ゲンダイより引用
ソフトBの松田宣浩選手が球団より来季の構想から外れている事を知らされ引退ではなく退団して移籍先を模索するという決断がなされました。
そこで声がかかりそうな球団を考察しています。

~~
人気ランキングに参加しています。
良かったら【ポジティブな暮らし】をクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
~~

戦力外・松田宣浩が退団の経緯との後移籍先を考察

経緯との後移籍先を考察
〜長年ソフトバンクの黄金期を支えたムードメーカー松田宣浩選手が今シーズン限りで退団することが発表されました今回は松田選手の功績を振り返りながら移籍先候補を考察していきます。

2005年アジア大学から希望入団惑星度でソフトバンクに入団した松田選手アジア大学は日本一練習が厳しいと言われていますが松田選手は次のようにコメントしています。
よくアジアの野球部は厳しいと言われますが僕は厳しいって思ったことはないですね。
人間的に成長させてもらった4年間が今を作っている頑張らせてくれていると思っている。
プロ3年目の2008年からサードのレギュラーに定着した松田選手はチームの主軸として活躍を続けます。

2011年は飛ばないボールの導入により異常なほどの投稿打点のシーズンとなりましたが松田選手はパリーグ2位の25本塁打を記録します。 本拠地福岡ドームにホームランテラスが新設された2015年には自己最多の35本塁打94打点を記録しました。

松田選手は守備も高く評価されており2013年から2019年までは7年連続でゴールデン
グラブ賞を受賞歴代三塁手の中でも最多となる通算8回のゴールデングラブ賞
受賞しています。

2015年ソフトバンクは熱男というスローガンを掲げます。
松田選手は本塁打を放った後ベンチ前でガツオと叫び続けていたため
いつしか熱男が松田選手の愛称として定着していきました。
これについて本人は熱男という愛称で呼んでもらうことあるいはそのように
認識していただけることがとても嬉しいと。

自分の中では野球選手をしていく上で本当にいい言葉をもらったと思っていて
本当に気に入っているんですよとコメントしていますそんな熱男ですが2020年以降は若手の対等により出場機会が徐々に減少し2021年のシーズンオフには年俸3億円
ダウンで契約を更新しました。

2022年はここまで43試合に出場し打率2割4厘0本塁打7打点という成績で9月28日に
来シーズンの契約を結ばないことが発表されました。

同日行われた記者会見で松田選手はホークス対談の経緯を語りました。
9月に1軍登録を抹消の前日に球団の方から来季の構想外という話を聞きました。
自分としてはまだまだ一軍の力になりたいという思いもありましたが中途半端な
気持ちで一軍で戦うのは迷惑かけるんじゃ ないかと思い引退するか退団して続行するか考えさせていただく時間をもらいました
その中で自分はまだまだ野球が大好きということとまだまだ体が元気ということ
大好きな野球を自分から辞めるという決断には至らなかったということがありまして11連戦が終了した次の日に球団に現役続行を希望しホークスを退団しますという
報告をさせていただきました。
松田選手は通算2000本安打まで169本で通算1千打点まであと9に迫って
います。

会見では大記録達成への思いを次のように語っています。
ホークスで数多く試合に出させてもらって節目の記録まであとわずかというところ
まで来たんですけど2000安打に意識はなくてとにかく野球をしたい思いは強いと
打点は9打点今季中にできればまた違う感覚で感じるものがあったんじゃないかなと
思っています。 なんとかまたチャンスをいただいて1000打点できたら幸せかなと思っています。

そしてホークスへの思いについてはプロ野球17年もこのユニフォームでプレイさせていただいた福岡の街でずっと野球してきましたので人生そのものだと思っています。
やはり当然17年前にプロに入ってホークスで活躍して頑張って終わるというのが
理想だったと思うんですが筑後で練習をしてきた中で現在39歳なんですけどやはり
40歳までプレイしたいという気持ちが自分の気持ちの中で強くて若い時に思い
出したのが宮崎キャンプで当時のコーチから40歳までプレイするまでにとことん
練習して技術を身につけようと一番きつい練習だった守備練習した時に泥の味だった40歳まであと1年そこも引っかかった現役になります。
その胸の内を語りました。


【移籍先】はどうなる?
松田選手は9月28日に行われた記者会見で来シーズンの移籍先について
移籍先今回に関してはNPBのみということで待っています」と語っており
独立リーグへの移籍は考えていないとのことです。

またトライアウトの参加については今それは考えていません。
二軍に落ちてからしっかり練習もできましたし試合に出ていました
体も痛いところがない元気な姿を見せられたと。
とにかくしっかり待とうかなと考えています。
チャンスを与えてくださる球団があれば大好きな野球をとことん
やるただそれだけです」と
他球団からのオファーを待つことを宣言しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【考察1】
ここからは気になる松田選手の移籍先を考察していきます。
来年で40歳を迎える松田選手をレギュラー候補として獲得する球団は
少ないと予想されますがソフトバンクで7度の日本一を経験し
上昇軍団の勝ち方を伝授してもらいたいという球団は多いのではない
でしょうかまず最初に獲得が予想される球団は北海道日本ハム
ファイターズです。

スタメン選手の平均年齢が12球団で最も若い現在の日本ハムに
不足しているのは上昇軍団のメンタリティだと言われています。
日本ハムが2016年に優勝した時のメンバーはほとんどチームに
残っていないため7度の日本一を経験している松田選手から
王者のメンタルを伝授してほしいと願うファンもいるようです。

現在日本ハムのGMを務める稲葉篤紀氏は侍ジャパンの監督時代に
松田選手を起用しておりコーチ兼任での獲得も十分にあり得るのでは
ないでしょうか。

また日本ハムの名物となったキツネダンスは松田選手がきっかけで
ヒットしたという声も上がっています。 来シーズンから本拠地を移転するチームの目玉選手として
松田選手の獲得を望む日本ハムファンも多くいます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【考察2】
次に獲得が予想される球団は中日ドラゴンズです中日は
落合博光監督の退任以降10年以上優勝から遠ざかっており
Bクラス常連チームとなってしまいました。
深刻な打撃力不足が指摘されておりチーム本塁打数は
12球団最小です。

ベテランの福留孝介選手も今シーズン限りで引退を表明
したためコーチ兼任で代打の切り札として松田選手を獲得する
可能性もありえそうです。
また高校時代を中京大中京で過ごしておりゆかりのある
名古屋に戻ってくる可能性もありそうですね。

中日ファンからは12年なら十分やれると思う故障も少ないし
守備もうまい打撃面で難のあるチームなのですそこそこやっていけると
思うと獲得を望む声が上がっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【考察3】
次に獲得が予想される球団は千葉ロッテマリーンズです。
松田選手のソフトバンク対談が発表された直後から
ロッテ公式のツイッターにマツダを取れというファンの声が
溢れかえりました。

ロッテは過去に阪神を戦力外になった鳥谷敬選手を若い選手の
模範にもなってほしいと獲得していますまたロッテファンからは
今のチームは大人しすぎるので劣勢でもチームを鼓舞できるような
人間が必要という声も上がっています。
若手を引っ張るムードメーカーとして松田選手の獲得が予想されます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【考察4】
次に獲得が予想される球団は東北楽天ゴールデンイーグルスです。
楽天は球団創設から一度しか優勝を経験していません。
優勝経験豊富な松田選手を獲得し若手選手の意識改革のサポートを
任せるのではないかと予想されています。

昨年ソフトバンクを自由契約になった川島慶三選手も今シーズンから
楽天に移籍しています。
同学年である松田選手と川島選手の再会はあるのでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【考察5】
最後に獲得が予想される球団は広島カープですカープは過去にも
ベテランの域に達した石井拓郎選手や新井貴浩選手を獲得してきた
歴史があります。
ベテラン選手と若手選手をうまく融合しチームを強化してきました。
三塁手不足が課題の広島の補強ポイントにも松田選手はぴったりなので
年俸次第ではカープ遺跡も十分にあり得るのではないでしょうか。〜

 まとめ

元気な男、松田選手がソフトバンクホークスを退団というニュースはファンとしてとてもショックでした。
若返りをすすめる球団で中々今季はチャンスが少なく結果もでなかったということは致し方無いのもわかります。
でも全盛期のようにとはいかないにしても試合に出続ける事が出来たらまだ全然やれるのではないかと感じます。
どこかの球団からお誘いがあることを願っています。

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
して頂くととても嬉しいです。
↓ ↓

今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

~~~~
こんな記事も読まれています。↓

明石 健志(最後のダイエー戦士)ソフトバングホークス引退