from30/龍ブログ

何らかの問題解決から日々思いついた事を好きに発信する雑記ブログです。

目の下のたるみの要因と目の下のくまの解決策

f:id:kami-nayami:20200728110159j:plain

目の下のたるみ要因は?

眼輪筋というものが関わっていて通常は眼球をクッションのように
支えていて脂肪が前に出てこないようになっています。

それが衰えてしまうと目の下の脂肪が眼輪筋を押しのけて出る為に
目の下のたるみを引き起こすという事です。

言うならば弱った眼輪筋を鍛えるエクササイズによって
目の下のたるみケアはできます。

ここでは超簡単なエクササイズを動画でご紹介しましょう。

 

また、目の下のくまの解決アイテムでのケアを同時にされると
効果があがりますのでそちらもご紹介しておきます。

目の下のたるみとクマができる要因は

お肌は、老化や老廃物を出し切れないことで、目のたるみができるようになります。
老廃物は、目の下の血行やリンパ液の循環が悪くなることによって蓄積してしまいます。

目の下のたるみは老廃物がたまっている証拠でもあるのです。

目の下にクマができたり、盛りあがっている場合もたるみ同様に
警戒が必要です。

たるみが目立つことと、クマができることの差は、目の下にどんな
クマができるかです。

疲れが溜まったり、睡眠がとれていない時は目の下の鬱血が皮膚越しに
見えて青グマになります。

アイメイクや、目の周りをこすりすぎて刺激になり、色素が沈着して
しまった状態のことを茶グマといいます。


2つのタイプのクマに対しては、血行を高める、質のよい睡眠をとる、
ビタミンを意識した食事をするなどが大事です。

毎日のお手入れに加えてポイントを絞ったクマの対処法が可能です。
目の下にたるみができているために、たるみが影をつくって、ぱっと見には
クマのように見えることがあります。


たるみが目の下にある場合、表情筋が弱っている場合や、乾燥で皮膚の
弾力が低下している場合、その両方の場合などが考えられます。

クマなのか、たるみなのか見極めた上で目の下のケアを行いましょう。

 

目の下のたるみを予防する方法

目のたるみを未然に防ぐためにしたいことは一体何でしょうか。

顔のスキンケアをするとき、目の際ぎりぎりまで水分を与えるように
心がけている人はどのくらいいるでしょうか。

目の下のたるみ対策の一つである乾燥対策から述べてみます。

乾燥させないためには、保湿を入念に行うことでしょう。

しかし、念を入れて保湿ケアをしているつもりでも、
目の周囲は乾燥しやすいと感じている人も多いといいます。


ケアが行き届いていないことが、スキンケアを施しているつもりが
乾燥が進む原因となります。

スキンケア商品の中には、目もと、口もとを避けるようにというものも
ありますが、それ以外なら間際まで使うといいでしょう。


目の下のたるみ予防には、エクササイズも大切です。

目もとの筋肉が衰えると、眼球を包んでいる脂肪細胞が
前に押し出されて目の下がたるみやすくなります。

目の回りでピンと張っていた皮膚は筋肉の衰えと共に
ゆるんでいますので、脂肪の重みに耐えきれずに下に
たるんでしまいます。


エクササイズで目もとの筋肉を刺激し、衰えを予防することで、
目の下のたるみをなくしましょう。


近年注目されている方法は、ヘッドマッサージで目の下に
できたたるみをなくすというものです。

 

目の下のくまのたるみの悩み改善アイテム

 

女性の8割が「目の周りのクマ」に悩んでいるという調査結果あります。

隠してごまかすのではなく、原因を解消させる事に着目したアイテムをご紹介。

隠してごまかすのではなく、根本から治すアイテムとして販売1ヶ月で品薄状態のアイキララ。

アイキララの特徴は

「目の下の皮膚痩せ」
に着目して、目元のお悩みを解消する事にあります。

皮膚痩せすると、
・内側の血液や筋肉が透けて見えやすくなりクマが出来てしまう
・老廃物がたまった結果、前に出てしまいたるみが発生する
など様々な症状が現れてきます。

皮膚痩せを補うために必要な成分といえば「コラーゲン」ですが、

従来型のアイクリームはコラーゲンを外側から塗るだけの、言わば"その場しのぎ"の対策でしかありません。

しかしこの「アイキララ」は肌リズムを正常化させコラーゲンの産生を促進させることに主眼を置いた成分を配合しているので、お悩みのそもそもの原因を解消する事ができる商品なのです!

詳しくは👇

目の下の年齢サインを根本から対策する話題のアイクリーム『アイキララ』  

 

~~~~
記事更新の励みになりますので
<お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
お願いします。


今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

これからも色んなコンプレックスや健康と病気等の
記事を更新していきますのでよろしくお願いします。

~~~~

以下の記事も読まれています。

www.kamitrouble.com

~~~~