from30/龍ブログ

何らかの問題解決から日々思いついた事を好きに発信する雑記ブログです。

無理のないプチ断食のやり方と得られる効果

f:id:kami-nayami:20200405150213j:plain

断食の経験はありますか?断食の目的はダイエットだけではありません。

本来の目的は体内の老廃物を排除する効果があります。

それにより体は悪いものを落としてリセットされた状態になります。

健康体を得られます。しかし初めての方がいきなり断食をするのは

無理があるのでプチ断食から徐々にすすめるやり方をお伝えします。

 

 無理のないプチ断食のやり方と得られる効果

断食とは決められた期間食事を摂らないことです。

絶食と言えば、宗教的な儀式や修業の一環、抗議手段や自分の思想を

世間に訴えるために行われてきました。

現代では期間を区切って行う断食の健康効果などが見直されています。

しかしいきなりだと慣れちない事もあり上手くいきません。

そこで今回はプチ断食をお勧めします。

 

初めて行う場合には食事制限を短い間だけすることがポイントです。

ここで疑問としてプチ断食は何を目的とするものかです。

一番に浮かぶものとしてはダイエットの為と思われるでしょう。

しかし厳密には違います。

単にカロリー摂取を中断して脂肪を燃やすというものではありません。

体の中に蓄積されていた有害な物質や溜まった便を排出し内臓の消化活動
しばらく休めることで体調を整える意図があります。

では初めて断食に挑戦してみようという方に様々なプチ断食

やり方を何点かお伝えします。

1・土日だけ食べないようにする週末断食

2・朝食だけ摂って昼と夜は食べない半日断食

3・断食中は水だけ摂取する方法から砂糖水だけ飲んで断食

先ずは<1>or<2>のやり方で場合によって<3>を取り入れる所から
スタートすると上手くいきやすいです。

しかし無理は禁物です。

健康の為にやるのにそれで健康を害してしまうと意味がありません。

貴方なりに上記のやり方をアレンジして構いません。

最初から意気込んでやると必ず歪が生じます。

あくまでも定期的にする事が目的ですのでハードなところで

始めたら二度としなくなるでしょう。

 

身体の中に固形物を入れないというのが根本的な考え方で重要なのは
内臓器官を働かせないようにすることです。


日常生活を送りながら本格的な断食を行うことは現実的には困難です。


食事量を前日から少なくするなど急に始める日から食事を抜いたり

しないようにして徐々に体を適応させていきましょう。

要注意事項

健康に何も不安を抱えいない人だけにして下さい。

断食が向かない方には下痢で消化能力が低い人や病気の人、

疲労が蓄積している人はやめておきましょう。

逆に不健康になります。


胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓などは、1日3食の食事をしている場合には
休むことなくすべてが活動しています。

ある一定の時間休ませるだけでも効果的に機能を向上させることが可能です。


効果的に断食する事で老廃物や宿便など体内に貯まっているものを

排出することが可能だといいます。

便秘解消はダイエット時によく掲げられる命題です。

腸をすっきりさせることで、下腹の出っ張りが解消できたという人もいます。

水以外は何も食べない方法だけではなくフルーツジュースや

酵素飲料のみといった方法もあるでしょう。

要は自身に合うやり方で無理を生じさせない事が重要です。


プチ断食に慣れたら本格的に年に数回程度、3日間程度の完全な

断食と順を追ってやることがポイントとなります。

 

断食後の食事の摂り方

断食の後で何を口にするかが重要です。

特に完全な断食では食事の内容が断食の効果としてあらわす為に大切です。

注意すべき点は断食終了直後の体はリバウンドしやすくなっています。

頑張って断食したのですから断食後こそが大事です。


エネルギーが足りない状態になっているのが断食後の体です。

エネルギーが燃焼しにくく脂肪を蓄積しやすい体に変化しています。

断食が終わってから食べた物というのは、備蓄脂肪分に通常よりも

なりやすいといいます。

回復食を食べる時期を挟むことが断食ダイエットの後には重要です。

いきなり普通の食事を摂るのは避けなければなりません。

回復食は、断食をした日数の2倍の日にちをかけるというくらいが丁度いいです。

2日間断食をした人は、4日間に渡って回復食を食べるという具合です。


断食後の食事メニューにぴったりなのは消化の良いスープやお粥などです。

時間をかけてよく噛んで食べることと、断食の後は舌が敏感なので薄味を
心がけることが大切です。

けっして回復食は食べ過ぎは厳禁です。


断食の後に食事はいつもより有難く美味しく感じます。

気が付いたら食べ過ぎていたということがないようにしましょう。

食べ過ぎた時の1日断食のすすめ!

今回は1日断食と3日断食の違いなどについて専門家が動画で解説して

ますのでご覧ください。断食の事がよくわかります。

1日断食と3日断食の大きな違いとは><約8分です>

 

 

 本日のおさらい

断食は無理のない範囲で徐々に日数を増やすことです。

最初はプチ断食として1日の3食の内に1食慣れたら2食断食します。

目安としてプチの場合は2日~5日で良いと思います。

悪までも自身の体調に合わせながら貴方なりに日数を決めましょう。

正解の日数はありません。

断食の目的は体の内部にある老廃物を出し切る事が目的です。
プラスαとしてダイエットにもなるでしょう。

そして断食後が重要です。いきなり普通の食事はNGです。

断食した日数の2倍くらいの期間をかけて徐々に少量をよく噛んで

食べることです。

折角の断食が無駄にならないように気を付ける事です。

それを無視して好きなだけ食べ始めるとどうなるか!
200%リバウンドします。

体調も悪化するかもしれません。

くれぐれもいきなり食べ過ぎにはもっとも注意してくださいね。

~~~~
記事更新の励みになりますので
お気に入り・ブックマーク><読者になるボタン>等を
お願いします。


今回の記事はどうでしたか?
何かありましたら遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。

これからも色んなコンプレックスや健康と病気等の
記事を更新していきますのでよろしくお願いします

~~~~