from30/龍ブログ

何らかの問題解決から日々思いついた事を好きに発信する雑記ブログです。

きくち体操で痩せる体と健康的に人生を送ってみませんか?

f:id:kami-nayami:20200304134621j:plain

 きくち体操といものをご存知ですか?中高年に特に人気があって

毎回セミナー会場は満杯らしいです。その理由は中高年でも出来る体操で

先ずは足首を柔らかくすることから始まります。不思議と健康的痩せる

体になれて大好評のきくち体操についてお伝えしていきます。

 

きくち体操で痩せる体と健康的に人生を送ってみませんか?

きくち体操をご存じでしょうか?

菊池和子さんは現在85歳ながら

50年以上前により主宰する体操教室には

生徒が殺到する程のキャンセル待ちも

いつになるかわからないと話題沸騰のきくち体操


色んな雑誌やテレビ等でも多く露出して更なる

人気に火がついた現在も多くの会員がいる

頑張らない体操ですがその内容について

触れていきましょう。

体調の不安がある人でも超簡単にできます。

このあとやり方をお伝えしますが上手にやろうなんて
思わずにやってみればいいだけです。

健康な体になると気持ちにも現れます。

~~
きくち体操が股関節痛、腰痛解消する驚異の簡単運動

ここでは私が以前作成したYouTubeで流れるスクロール式で

簡単に全貌の一部をご覧ください。2分程度です。

 

実際にこの後にきくち先生による具体的な方法も
お伝えしていきますのでこのまま読み進めて下さいね。

 

きくち体操をやる上での心構え

力まない。鍛えるという意識は持たない。

上手にやろうと思わない。回数も決めない。

動かしている部分だけに集中して効果が
 出ていると勝手にイメージする。

じっくりとゆっくりと焦る必要はなく
 気持ちにゆとりを持つ。

毎日リラックスできる時間帯
 (寝る前の布団の上等でも良し)に
 頑張らない程度に継続してみる。

いかがですか?
なんともゆるい。

それでも頭のてっぺんから足先までの至る箇所の不具合等

改善されていくその効果があるのが凄いと感じる筈です。

体が正常な状態になると腰が痛いとか膝がとか・・・

または脂肪が付きすぎた肥満体でも自然と痩せる
体質になっていきます。

対して頑張ってないのにです。

頑張らないとダメなものは誰も続きませんよね。

確かに自分に対して厳しい人はどんな辛い事にも耐えられるでしょう。

しかし大半が私を含めて自分に甘い人ばかりなのです。


先ずは健康な体になる。そうすると余分な脂肪も落ちていく。

頑張らなくていいから気が楽になるので続けられる。

こんな体操があるでしょうか?私は他には知りません。

 

きくち体操の肝となるやり方偏

1・先ずはこれだけでも始めてみましょう。
~~

【きくち体操DVD】より足首回しを菊池和子先生が解説動画!

 

~~

2・足首回しに慣れましたら手と足で握手偏です。

~~
【きくち体操DVD】より手と足で握手を菊池和子先生が解説!

 

 

~~

これらがきくち体操の基本となります。

~~
番外編として

肩こりを緩和するための体操

 

~~

その他にきくち体操はあります。

ご興味がありましたら「ハルメク」という通販サイトで

87分も収録した充実DVDはこれだけ!

基本の動きと考えを、菊池和子さんの実演指導で。

ハルメクでしか買えない、これぞ「決定版」のDVDが

あるようでしたのでそちらのサイトの

リンクをしておきます。☞ハルメク通販サイト『毎日のきくち体操』DVD

 

このDVDは、最期まで体をダメにしないために
何をすればいいかをテーマにしたきくち体操になります。


創始者の菊池和子さん自身が毎日の負担なく行えるよう
実演指導されています。


また、きくち体操が毎月読める!
雑誌「ハルメク」を定期購買もお勧めです。

2008年7月号から現在に至るまで人気の健康情報誌です。

 

脳がよみがえるので物忘れ・認知症を撃退! 

「脳と体をつなげて生かす きくち体操」は

認知症防止には最適です。

脳の老化で物忘れが頻繁におこりやすく

脳細胞の変性などにより認知症を発症すると

言われています。


認知症の種類には「アルツハイマー型認知症」

「レビー小体型認知症」「血管性認知症」があります。


そのほとんどが「アルツハイマー型認知症」が
約68%と多く

次いで「血管性認知症」で約20%と続きます。


ここではそれらの起こる原因等は控えますが

きくち体操で足の指や手の指等を動かす事で

体調や肥満のみならず認知症の予防に非常に

役立つと言われています。


言うならば、きくち体操は健康体と脳の活性化に

非常に長けている体操だとわかってもらえれば

幸いです。

 

本日のおさらい

私はこのきくち体操を知ったのは数年前のバラエティ番組で

紹介されていたのを見たのが最初でした。


その時は座った状態で足首を右に左に回す
いうものでした。

やってみると分かりますが中々とスムーズに
回らない事に驚きます。


非常に足首が硬いのです。

まずはそれらをやわらかくなるまで無理なく
毎日する事で少しずつですが柔らかくなります。


柔らかくなると血流もよくなります。

当然ながら体調の変化も徐々に分かり始めます。


全然、辛い運動というほどのものではありません。

寝る前や起床したばかりのお布団の上でやれば

苦にもなりませんしお風呂の中に浸かりながら

やるのも効果的なようです。

 

頑張るという認識を捨てればいいのです。

回数もその日の気分でOK。


大事なのは毎日の継続です。


一番リラックスできる時間帯に習慣づければ
いいと思います。


体調が良くなり体も軽くなれる。

肥満改善にもなり物忘れや認知症にもなりにくく
なります。


とにかく頑張らないでやるというのがポイントです。

誰でも頑張り続けるのは苦でしかありませんよね。

楽な方がいいに決まってます。

でもこれなら今までに色んなダイエットに
挑戦しては挫折した方にもできるのではないでしょうか?


頑張らないがポイントです。