from30/龍ブログ

現役美容師が専門分野の事柄から気になった様々な事等を調査してお伝えしてる雑記ブログです。

美容師に聞いてみたい事柄集

f:id:kami-nayami:20191228132740j:plain

 

美容師に質問、疑問を集めてみた件

美容師をしているのですが私からお客様が日頃、

疑問に思っていることには気づきませんが

もしかしたらこんな事やあんな事について

あるのかなという視点でいくつかご紹介して

いきましょう。

 

予約について

皆さんの中には予約に関して疑問や聞いて
みたい事はあるでしょうか?


美容師の立場で言うと予約は必ずして
頂きたいです。

予約制の美容室なら当然するのでしょうが
予約優先性というまぁ曖昧な美容室もあるでしょう。

後者の場合でも予約して頂きたいです。

理由は準備期間があると過去のカルテを見直して
当日スムーズに入る事ができるからです。


この事ってとても重要です。


そこまでする美容師さんはどのくらいいるか
わかりませんが私はそうしてます。

ですので当日予約でなく遅くとも前日迄
望ましいです。


そして予約で非常に迷惑なのは遅刻してくる人です。

このタイプの人はだいたいいつも遅刻してきます。


遅刻することの意味がわからないのでしょう。

その後の予約の方に支障がきたす場合があります。

中には平気で30分遅刻するひとがいます。

色んな人と接しているとこちらの常識を大きく

覆してくれる人がいるものなんです。

ホントに困りものです。

常日頃から時間にルーズに生きてこられた
のでしょうね。


逆パターンを案外と迷惑なものです。

どういうことかと言いますと極端に予約時間より
早めに来る人です。

人により30分早くきます。

それも毎回です。


こんな人もいます。

店まで歩いて1分でこれるのに20分早く来ます。

遅刻は大迷惑ですが早すぎるのも案外と
大迷惑なものです。


それは何故だと思いますか?


私たち美容師は病院のようにお昼休みはありません。

従って決まった時間に昼食できるわけではありません。

日によっては昼食が夕方なんて事もある仕事です。

予約のお客様が予定より早く終わったりまた、

あえて昼食にと15分でも余裕をもって予約時間を

決める事があります。


それなのに早く来られると無視するわけにも

いかないので予定していた昼食を食べられないと

いうことがあります。


本当にガッカリするものです。


だからせめて5分前位をめどに来て頂くと

非常に助かるのです。


コレは美容師からの立場でお話しています

ので反感を買う場合はあるかもしれませんね。

 

パーマとカラーを同じ日にするのはいかがなもの?

はっきりと言いますと別々が好ましいです。

本来、パーマもカラーも見た目は綺麗になりますが

髪や頭皮に良いわけはないからです。


いくら傷ませないようにしますといっても

しない時よりした場合は傷みます。

絶対にです。

 

それを同じ日にするのは更に良くない事は
わかりますよね。


しかしながら時間に余裕がないとかわざわざ

別の日にくるのは面倒くさいという事になります。


一番いい方法があります。

来店周期を調整する事です。

パーマをかける月とカラーをする月を上手くずらします。


例えば1月にカットとパーマをします。

2月にカラーをします。

カットは必要に応じてしてもしなくてもOKです。

3月はお休みしていいですし必要に応じて

カットだけでとかパーマとカラーとかです。


人によりお洒落をする周期も違いますし

予算の関係もあるでしょう。


要するにパーマとカラーは違う月に周期を

調整すればいいだけです。


それでも同時にしたという方は
そのままでいいです。


美容室は売り上げ単価があがって
うれしくもありますので。


因みに私の考えではショートは1ヶ月〜1ヶ月半で
形が崩れてきますのでそのくらいの頻度がいい。


ロングの方だと形の崩れが出にくい為に

3ヶ月に1回の割合が毛先のケアも考えて

それくらいの頻度でいいです。


カラーをされてる方は根元に新たに生える

毛との境がおかしくならない程度の1ヶ月半〜2ヶ月に

1度が好ましいです。


あくまでも人それぞれのペースがありますので

参考にして下さい。

 

無料で修正して欲しい件

カット、パーマ、ヘアカラーとしてもらった施術が
気に入らないとかあるかと思います。

その場合に無料で修正してもらえるか否かです。

美容室により修正期間を設けている場合があります。

その場合、それが適切であれば無料で手直し
してもらえるでしょう。


しかし例外を設けている場合もあります。


パーマのかかりが弱すぎて摂れた、

強すぎて手入れしにくい、カラーに関しては

染まってない箇所があるなどは当然ながら

修正できます。


ではどんなことが問題なのかというとその日の

注文したとおり上手くいっていて問題がない場合が

あります。


パーマのかかりもカラーの染まり具合も問題ない時に

スタイル変更したいからかけ直してほしいとか

違う色に変えたいという要望です。

問題なくお互いが納得した上で行い結果も

お互い納得がいったにも関わらず気分次第で

このようにいう人がごく僅かいます。

人に家族に言われたからとかそういった困った

お客様もいます。


永年やっていると色んな人がいるのである程度は
想定内ではあるのです。

 

これはスタイルチェンジにあたる行為です。


これをわざわざ無料で手直しはできません


新たに料金が必要だと私であればそう

お伝えします。


コレも美容室オーナーによりまちまちですが

コレっておかしいとは思いませんか?


なんの落ち度もなく自分の都合で変更です。

修正でなく完全な変更です。

 

そういったお客様は来て頂かない方がいいと
私は思います。

場合によってはお伝えする事もあるでしょう。

今のところそんなつわものはいませんでした。

近い部分はありましたがお話して分かつて頂きました。


それで次回の来店がなくなった人もいれば変わらず

来店くださる方とわかれますが仕方がないことだと

おもっています。


今一度、美容師を責める前にあの時の行動や言動をも
考えて欲しいなと感じる独り言です。

 

キャリアが長いから上手いわけでもない

貴方は美容室に行って担当者を指名していますか?

指名制度のあるところないところとあるかと思います。

最近では指名するにも料金がかかったりします。

でも勘違いをしていないでしょうか?

キャリア(ベテラン)は上手い。それは違うかも。

確かにどの施術でもそつなくこなすでしょう。

でも役職がついていないスタイリストとて
店長より上手い人はいるものです。


カットが得意な人。その中でもロングに強い人で

あったりショートに長けている人もいます。


技術者になりかけたまだ今からという人以外には

こういった得意分野があるものです。


だから必ずしも一番トップの人が上手いと

勘違いしないことです。


貴方がみてそれぞれのスタイリストが

仕上げて帰るお客様のヘアスタイルを見て

あなた好みのヘアスタイルがないかを

観察する事も大事です。

 

本日のおさらい

いかがでしたか?私の立場で日頃、

お客様の美容室での疑問等、考えもしないので

想像で解説してきました。


もしそれ以外に聞いてみたい事がありましたら

何でもお気軽にコメント欄等でも書き込んで下さいね。