from30/龍ブログ

何らかの問題解決から日々思いついた事を好きに発信する雑記ブログです。

美容室で勧められるのが苦手で断りにくい

f:id:kami-nayami:20191226151738j:plain

 

美容室で勧められると困る

はい。よくある話です。勧められるものは色々ありますよね。

例えばパーマでいうと大体3段階くらいの薬剤の違いで

料金が変わるパターンです。

3つあると人の心理は真ん中を選ぶ傾向があって

最低でも真ん中を選ばせようという意図があります。


それでも美容師の中には1地番上のものを推してくる人が

いて断りづらい人は言われるままに納得がいかない

場合がありますよね。

 

他にはトリートメントを勧める等、

なるべく単価を上げようとアプローチしてくる

美容室(美容師)がいます。


更にはシャンプー剤やスタイリング剤等

勧められるのではないでしょうか?

 

私共の美容室ではまずありません。

お客様から相談されて悩まれている場合には

アドバイスはさせて頂くというスタンスです。

それ以外には店内でポップで宣伝しています。


それを見てお客様から興味を持たれた方が

訪ねてくるという方法をとっています。

 

オーナーである私がそうなので自然と他の美容師も

そうしています。


但しアプローチせざるを得ない人には別問題です。


それはどいう事かというとそのお客様の髪、

頭皮の状態が酷い時です。


このメニューを選ばないと更に悪くなったり

それ以外では上手く仕上がらない時に限ります。

勧めないとひどい事になるのに見て見ぬふりは致しません。

それだけです。


さすがにそういうお客様は自身の状態が悪いのは

わかっていますので問題なくアドバイスに

応えてくれます。


要はその人の為にという事が大事なんですね。


話を戻します。

貴方がいつも何かしら勧められる場合はちょっと

考えてみましょう。


貴方の現在の髪はひどいものですか?

もしそうならアドバイスは適格に伝えようと

しています。


そうでない場合は売り上げを上げる為に

もしく美容師自身の給与時のバックがあるので

勧めてくる場合が多々ありますので貴方自身で

勇気をだして断る事も必要です。


それが出来ないから困ってるというなら

今日は持ち合わせがないのでとか、

また次回考えますとか逃げ道はあります。


そして毎回、異様に勧める美容室には

いかない事です。


美容師が心の底から貴方の為にアドバイスして

いるかどうかというのは案外わかるものです。

 

勧めてくる美容室と何も勧めない美容室

毎回何かしら勧める美容室は考え物です。

とくに大型店でスタッフが多い所はそれぞれの

売り上げや店販売り上げのノルマがあります。


私もかつては自分で店を構える前は大型店の

美容室で働き店長迄なりました。


やはり会社の方針としてノルマが必要でした。


会社も儲からなければ従業員に給与やボーナス等を

払えないからノルマを課せてきます。


ノルマを達成できなければ各店舗の店長から

おしかりを受ける事になります。


またその店長は店の売り上げが伸びない事を

社長にお叱りを受けるのです。

 

その他に勧めてくる美容室はこだわりが強い

オーナーの美容室です。

コレは規模に関係ありません

1人、2人でしているような所でも勧めてきます。


困りますよね。こだわりを押し付けられてもね。

嫌なら行くのをやめましょう。


でも気に入ったヘアスタイルをして

くれるんだよなと思うのでしたら耐えましょう。


どちらか1つしかないです。


中々気に入る美容室は簡単に見つける事は

できません。


そうでないなら行く必要もないかと思います。


それでは何も勧めない美容室はどうでしょうか?

中にはいかなる状況でも(髪がひどく傷んだ状態)

何もアドバイスもなく最低ランクのメニューを淡々と

こなす美容室もあります。


勧めてこないので楽ではありますが傷んでる人は

更に傷みが増す事は間違いありません。

カットしかしないのであればいいのですが

ヘアカラーやパーマをする人なら尚更です。

果たしてそいう美容室はいいのでしょうか?


私はNOだと感じます。

貴方の髪質には全く興味がないのでしょう。

最低ランクのメニューでも売り上げさえ上がれば

いいという美容師のスタンスとして最悪では

ないでしょうか?


勧めたいメニューをするかしないかは

お客様にゆだねるとしてアドバイスは

あるべきです。


貴方の事は傷みが進もうと何も興味が

ないのです。


もしかしたら技量(薬剤に対して)がないのか

そもそもケアに対するものが何もないかです。


私なら行きませんが人はそれぞれです。

行きたいのであれば(それでもいい)問題ないです。

 

店販について

シャンプー剤、トリートメント剤、スタイリング剤

等を勧められ購入してしまった。

ホントは嫌だった。

でも貴方は買ってしまったのですから

自己責任ですので仕方はありません。


美容室でもホントに良いものは少ないです。

美容室経営していてなんですがそれが

本当です


だから私の美容室は種類が少ないです。

いいものしか置きたくないからです。

シャンプー&トリートメントは1種類。

スタイリング剤においてはオイル系1種類。

あとはありません。


いいものはないからです。

極端にいうなら市販品で賄える
(まかなえる)からです。


ヘアケアの基本はシャンプー剤です。

これさえ抑えればコレ以外いらないからです。


しかし残念な事もあります。

基本であるシャンプー剤ですが永年使い続ける人は

少ないです。


いいものと巡り合えば使い続けなければ

意味をなしません。

美容室でちょくちょく商品が変わるところでは

買わない方が賢明です。


勧めてくる美容師さんがどれだけ貴方にとって

良いのかという事が伝わらなければ買わない

意志をもつしかありません。


わかります。断りづらいのも。


でもお金を払うのは貴方ですので

判断を誤らない事を願います。

 

本日のおさらい

本当に必要なメニューや店販品はあります。

でもそれを見極めるのは難しいのが現実です。


貴方が通ってる美容室の担当される美容師さんが

貴方にとって信頼置けるなら従うのもいいです。


貴方の事をホントに思っての事だからです。


そうでないなら断る勇気を持つことです。


断れないなら最低限のお金だけを握りしめて

いきましょう。


お金を持たない人にそれ以上は勧める事は

ないからです。


酷な事を言いましたがそれしかないのです。