from30/龍ブログ

気になるアレコレや色んな分野を調査して参考にしてもらえるようお伝えしてる雑記ブログです。

白髪が多いと薄毛にならないという都市伝説

f:id:kami-nayami:20191214161536j:plain

昔、聞いた話です。早い時期から白髪になる薄毛ならないとか白髪が多い人は

禿げないと聞いた事がありました。そして美容師になった私ははっきりと

わかった事があります。果たして白髪と薄毛には関連性があるのでしょうか?

 

白髪が多い人は薄毛にならない?

美容師として働く私ですが時々、男性のお客様より

白髪が多い人は髪が薄く(ハゲ)になりやすいって

聞いたけど本当なの?」とか

 

「最近、アホ毛みたいな毛が突然、現れて何って思うんだけど」


このような事を質問されます。

 

その都度に私は白髪の人=薄毛(ハゲ)になりやすいというのは

なんの根拠もないでたらめだとお答えします。


ついでに言うなら海藻類を食べると毛が生えるも都市伝説です。

誰が言い出し広まったのか知りたいくらいです。


そして白髪染めをされる方に1つアドバイスさせて頂くと

白髪染めを含めるヘアカラーはアルカリカラー剤を使用しています。


今は頭皮トラブルがない人でも突然アレルギーを発症するかわからないです。


そもそも染めるという行為自体、髪にも頭皮にも良くないのは

わかりきっていることですがそうもいきません。


やはり人は特に女性は美に対して敏感です。

いつまでも若々しくいたいものです。


だから染めないという選択肢はできないでしょう。

また私は美容室経営しているので白髪染めをお断りなど

できるわけもありません。矛盾していますよね。


染める事で髪や特に頭皮はどのような影響を及ぼすのか!

それは染め続ける事で頭皮の乾燥がすすみ頭皮環境が悪くなります。

頭皮の環境が悪くなると強くて太い毛が生えてこなくなります。

 

想像してください。乾燥が永く続く事で地面が乾きひび割れを起こしている映像が。

まさしく頭皮も乾燥が続くと同じようになってしまうのです。


水分が不足した頭皮では毛が育ちません。畑と同じなんです。


まずは染める染めないという前に頭皮に潤いを与え続ける必要があります。


その事については以前の記事でお話しました。

頭皮の乾燥を補う・・・↓

 

www.kamitrouble.com

 

そこで染めるのなら白髪染めはヘナに切り替えるかヘアマニュア等をお勧めします。

ヘナにも注意点がありますが以前の記事で説明しています。

 

www.kamitrouble.com

 

白髪になる理由

そもそも白髪になる原理を知っていますか?

髪の毛の色は毛皮質と呼ばれるメラニン色素という物質で決められます。

我々日本人の髪にはメラニンが豊富なので黒髪なのです。

メラニン色素は毛髪が再生される毛根の色素細胞で作られていて

紫外線から細胞を守る為ではという説があります


白髪になる理由ははっきりと解明されていません何らかの要因で

色素細胞がメラニンを生産しなくなると毛根で生成される工程で

白髪の状態で生えてくるという事です。


頭皮が健康になると今まで白髪しか生えてこなかった場所から

黒い髪が生え変わる事もあります。

 

そもそも白髪に関する事はまだ解明されていない事が多く

「白髪が薄毛になりにくい」という医学的根拠がないのが実際の処。


誰が最初に言い出したのか確かに私も昔、聞いたことはありました。

 

アホ毛って?

それとアホ毛についてですが『アホ毛?』以下のような毛の事。

f:id:kami-nayami:20191214161937j:plain

髪の表面からピンっと立ってる短い毛が生えているという事は

わるい事ではなくそれなりに太くしっかりした毛が生えてきた

という意味をしめしています。なので抜いたりしない事です。


以前はこういうのはなかったけれど現れたという

意味は頭皮の状態が以前より良くなったということなんです。

 

【つむじ周りだけが薄くなってるのは男性型のAGA?】

その男性のお客様はつむじ周りのみが少し薄く他は普通にありました。


AGA型の薄毛でない事はわかりました。


その原因で考えられる要素があります。

今があるのは昔のある事がきっけけの場合があります。


数年から数十年にわたり細胞が色んな形となって現れるという事です。


おそらく紫外線に多く頭皮がさらされてきたのでは

ないかという推測を立てる事ができます。


学生の頃に紫外線を浴び続けるスポーツ等をしてきた人や仕事で

外回りが多い等、とにかく長時間の太陽を浴びた人がその後に

登頂部位(一番あたりやす)がその影響で薄くなると考えられる事です。

 

でも今からでも決して遅くありません。

頭頂部を労(いたわって)わってあげることです。

 

例えば外出の際は紫外線から頭皮を守る為に帽子や日傘でカバーする。


頭皮の乾燥や頭皮の硬さをやわらげるために保湿性のある

育毛剤で手入れする事や頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプー剤に

変えるとかです。


今、労わってあげる事で今すぐに効果が表れなくてもその先に改善する要素が十分

あるからです。


多くの人がすぐに効果が表れないのでやめちゃうんですね。


そうじゃなくてその先(将来)を見据えて結果をすぐに

欲しがらないでコツコツ積み重ねるように心がけるといいですね。

 

本日のまとめとして

白髪が多いから禿げないは嘘。


白髪が多くても少なくても頭皮の環境次第で薄毛になる。
ハゲるのは男性の場合はAGAの可能性もあります。

薄毛といっても男性特有の物や女性特有のもがあります。

それそれの対処法もことなります。

男性特有のAGAについての記事は↓

 

www.kamitrouble.com

 

女性特有の薄毛についての記事は↓

 

 

www.kamitrouble.com

 

 アホ毛は毛が伸びようと頑張っている証拠。
育てる為に頭皮環境を早急に整備する必要がある。

今回は以上です。ありがとうございました。