from30/龍ブログ

何らかの問題解決から日々思いついた事を好きに発信する雑記ブログです。

薬用育毛剤と医薬部外品の発毛剤の違いとは?効果にも違いはあるのか!

f:id:kami-nayami:20191115153404j:plain

髪の毛が最近ヤバイ事になったから育毛剤でもしようかなと思ってる方は

いるのではないでしょうか?その時に薬用育毛剤医薬部外品とか色々と

あるのですがその違いなとうのか迷った事はないでしょうか?

そして一番きになるそれぞれの効果の違いってどうなの?

そういった疑問についてお話していきます。

 

薬用育毛剤と医薬部外品の発毛剤の違いとは?効果にも違いはあるのか!

薬事法で分かれる医薬部外品の薬用育毛剤と医薬品の発毛剤は何が違う?

薬事法は今では薬機法といいます。

馴染みがある薬事法という名目で記事タイトルにしましたが正確には薬機法です。


育毛剤などの商品では薬機法(旧薬事法)で3種類に分類されています。

普段はあまり考えたことなどありませんが本日はそれについて少々解説していきますね。


大概の人は使った経験がある育毛剤ですが目的は抜け毛や薄くなってきた髪を改善したくて使用すると思います。

そして迷った人も多いと思いますが種類はすごくありますよね。

質問です。

貴方が育毛剤を購入する際に何を基準に選ぶのでしょうか?

育毛剤と銘打ったものや発毛剤、又は薬用であったり医薬部外品というものまであってどれを選べば良いか迷う事でしょう。

 

どんな違いがあるのか違いについて進めていきます。

<育毛剤>

育毛剤は、いま生えている髪を育て頭皮の環境を整える事を目的としています。

もしかして多くの方が薄くなった箇所(抜け落ちた髪の毛)を生やしたいという

願望の元、使用していた方はおられるのではないですか?


本来、育毛剤は頭皮を整備するとお考え下さい。

・かゆみやフケがでるので何とかしたい。

・頭皮の乾燥を補いたい。

・抜け毛が多いというトラブルにヘアサイクルを正常な状態に導きたい。

頭皮環境を改善することで健康的な髪の成長を
促すものです。

但し、製品によって育毛剤という名でいて発毛させる事ができるという
商品はある事は頭の片隅に凍てれおいて下さいね。

 

<発毛剤>

発毛剤の本来の目的は今生えていない所から

積極的に髪を生やす目的で作られた商品です。

有名なところでいうと{リアップ}です。

テレビCMで見られた方は多いでしょう。


髪の毛を生やす為の特殊な成分が含まれています。

効果がある反面に副作用を伴う人もいるのは確かなところです。


<養毛剤>

養毛剤と呼ばれるものは髪と頭皮の栄養補給を目的としたものです。

まぁ育毛剤でもなく発毛剤でもない。

しいていうなら頭皮を良い状態に導く化粧品とお考え下さい。

 

上記の3種類の中で発毛剤と呼ばれるものは医薬品の為に処方箋や

ドラックストアでは薬剤師の説明を受ける必要があります。

すぐ手に取って購入できるものではないということです。

それとは別に医薬部外品である薬用育毛剤等ではは説明書を読めば安全に

使用することができることからネットや薬局、コンビニでも誰でも購入可能です。

 

薬用育毛剤は医薬部外品で副作用もなく効果が期待できると認められたの

先程もいいましたように発毛剤だけでなく育毛剤でも発毛を促すものがあるのが

薬用育毛剤です。医薬品とは違い副作用の心配もありません。


(旧)薬事法(薬機法)により細かく分類はしているものの
発毛剤も養毛剤も、全て育毛剤として総称されるケースもあります。


育毛効果をうたって販売している商品も、全てが
医薬部外品ではないので購入の際には注意が必要です。

購入する際には必ず裏には医薬品、医薬部外品、化粧品と
いった表示がありますので確認してください。


厚労省で定義されている医薬品医薬部外品
化粧品との違いとは。


医薬品は人や動物の病気の診断や治療予防の為に使用される薬品です。

医薬部外品は医薬品に準ずるもので、効果や効能が確認されているものです。

・化粧品は皮膚や毛髪を健康に保つために使用されるもので、人体への作用が緩和なものとなっています。


わかりやすく言えば

医薬品は効果があると国が認めているもの。

医薬部外品は効果が期待できると認められているものです。

化粧品は積極的に効果がある成分を使用していないものの良い状態に

導いてくれるもの。


一般的な薄毛対策商品は化粧品という扱いですが、

「薬用育毛剤」は医薬部外品である商品が多いです。


効果を最大限にという人は医薬品の育毛剤。

副作用が心配だという人は医薬部外品の薬用育毛剤。

頭皮の乾燥やフケやかゆみ等のトラブルならば医薬部外品の育毛剤。


商品によって成分の配合に違いはありますが安全性が高いものを

求めるなら植物エキスなど天然由来成分で作られているものがおすすめです。


添加物が含まれていないので副作用のリスクを抑えることができるからです。

 

発毛or育毛効果をアップさせる使用方法

効果によって医薬部外品と化粧品に分類される育毛剤ですが最近の商品は研究開発が進んでいます。

その為に医薬品でなくても発毛が促進される育毛剤が報告されています。


時代と共に薄毛の改善に医薬品以外でもスゴイものが開発されているのは嬉しい限りです。

 

それではそれぞれ選ばれた商品をより効果的に結果をだす為の方法をお伝えします。

1・清潔な頭皮に付ける事が何よりも良いので必ず毎日のシャンプーは

  必須といえます。
  汚れた頭皮や汗や皮脂がでてる頭皮に付けたところで効果は半減するどころか
  非常に勿体ない所です。

 泡をしっかりと立てて指の腹で優しくマッサージするような感じで洗う事により

 泡が毛穴に入り込み毛穴汚れがとれ育毛剤がよりはいりやすくなります。

 ゴシゴシと洗っても毛穴の汚れまで届かないと思って下さいね。

 ポイントは泡をたてて泡で洗うというイメージです。

 

2・育毛剤をより深く浸透させる為にはお風呂上りであれば髪を乾かした後で使用するといいでしょう。

  本当は育毛剤を付ける前に10分程度スチーマーで温めると効果的なのですが
  ご家庭では中々ないのが現実的でしょうがもしあればです。


頭部を温めると浸透力がアップします。

温めることで血行が良くなります。

表皮も柔らかくなります。


毛穴も開いた状態になります。

育毛剤の成分が奥まで浸透します。


これは究極な方法ではありますがスチーマーがあるご
家庭は少ないでしょう。


育毛剤を付ける際には頭皮をマッサージしながら揉み込む事。


薬用育毛剤に期待できる効果の1つに頭皮環境の改善があります。

頭皮が硬く、血行が悪いと毛髪に十分な栄養が届きません。

伸びきらない為にせっかくの産毛は抜けてしまいます。


その為に頭皮のマッサージは欠かせない要素です。

わざわざするのもメンドクサイでしょうが育毛剤を付けるついでに

マッサージするのですからコレを毎日の日課にしましょう。

 

育毛剤は適当に付けるのでなく欲しい場所に適量を揉みこむというイメージです。

 

本日のおさらい

育毛剤には医薬品、医薬部外品、化粧品というものに分かれる。

今現在、生えてる髪を強い毛に育てる目的には医薬部外品の育毛剤が良い。

抜け落ちてなくなった毛を生やしたい場合には医薬品による発毛促進が良い。

しかしながら研究開発の発達により医薬部外品の育毛剤でも発毛させたという商品がある。

頭皮の環境、例えば乾燥や痒み、フケといった頭皮トラブルには医薬部外品、化粧品等育毛剤が良い。


何はともあれご自分に合った(状況)育毛剤を選びましょう。


具体的にもっとわかりやすくお伝えするとすれば

女性の方で今ある毛を育てる為の育毛促進したいという方は以下の記事を参考に!

 

www.kamitrouble.com

 

男性の方で既に抜け落ちて場所に発毛させたい方は以下の記事を参考に!

 

www.kamitrouble.com