from30/龍ブログ

現役美容師が専門分野の事柄から気になった様々な事等を調査してお伝えしてる雑記ブログです。

ヘナで髪を染めたい人へ注意点!それ天然のヘナですか?粗悪なヘナにご用心

f:id:kami-nayami:20191025113858j:plain

ヘナ染める際の注意点とは。粗悪なヘナにご用心。

 

ヘナで染める際の注意点

もう皆さんもお馴染みなヘナです。


ヘナにはピンからキリまである事を知っていますか?


市販でも美容室でも粗悪なヘナを販売、もしくは施術

しているので注意が必要です。


ヘナと言っても天然成分で髪や地肌に優しいからとで

安心していませんか?

天然(ナチュラルヘナ)は発色が安定しません。


その為に市販で購入しているものの多くは化学成分が

配合されているものです。


素人の人が自宅でも染めたいという事で人気ですが

実は天然(ナチュラルヘナ)ではない可能性があります。


天然(ナチュラル)でないヘナはケミカルヘナといいます。


それを知るにはお手持ちのヘナの成分をご覧ください。

~~
パラフェニレンジアミンなどの酸化染料

白髪染めやカラーリング剤に使用される酸化染料が

入ったものです。


ナチュラルヘナに比べて発色がいいのが特徴です。

それによりヘナでも昔の天然ものしかなかったものが

色んな発色ができるようになってきました。


通常の白髪染め・カラーリング剤よりも髪や頭皮に

やさしいのは確かではある反面、ヘナにもかぶれるなどの

アレルギー症状が出る場合があります。


~~
ピクラミン酸ナトリウム

特に注意が必要なのがコレ。

日本では、ピクラミン酸ナトリウムをヘナに混ぜることは

禁止されています。

天然(ナチュラル)ヘナより発色を出す為に混入されているものです。

しかし医薬部外品の成分のため表記義務がありません。


そのため天然(ナチュラル)ヘナとして発売されている

ケースがあります。

軽いアレルギーが出る場合がありますので、発色が良いものほど

天然ではないと覚えておきましょう。
~~
2-アミノ-6-クロロ-4-ニトロフェノール

化粧品などに使用される染毛料の成分です。

発色度は上記2つよりも劣る反面、刺激は少ない成分では

あります。


それでもアレルギーが出る場合があるため、注意が必要です。

~~

そもそも天然(ナチュラル)ヘナは初めて使用する際等では

1回では発色しないので3~4回続けて使用する必要があります。

髪が傷んでいると、1回目は髪がきしんでしまうことも。

1回でやめないで、続ける必要があります。

 

それらを考慮して安心して使える染料

天然ハーブから生まれたヘナ』です。

 

ヘナは今から5000年前からエジプトや

インドで使われていた染料です。

 

今ではすっかりお馴染みの染料ですが頭皮に安全なヘナを

選ばなければなりません。

 

ヘナを購入するなら

f:id:kami-nayami:20191025114037j:plain

おすすめのヘナは純度(本物)の高く酸化しやすい

特徴があります。


早めに使用しないと黒く変色してくるので使う分だけを

購入して早めに使う事です。


もし日が随分とたって放置しているヘナが購入時と変わらない

色(変色)を起こさないものは天然でなく混ぜ物が入っていると

思っても間違いないでしょう。

 


但し、天然100%のヘナは素人だと染まりあがりに

ムラが生じやすく時間も相当かかるものなので出来るならば

プロである美容師さんにしてもらう事をおすすめします。


ご自身でどうしても染めたいになら先程言いましたような

注意点を意識してくださいね。

 

ヘナを自分で使う又、美容室でしてもらう時の注意点

ヘナはアーユルヴェーダで使われる薬草です。

その主な役割は毒素排出・炎症抑制・新陳代謝を良くする効果が

あると言われて頭皮につけることにより、頭皮環境を整え、

健康な髪を生み出す効果が期待できます。


それにより生理中、妊娠前期はヘナを使用しないでください。

体調により身体に思わぬ効果が現れる可能性があります。

生理中は貧血状態になるためです。

生理中は避け妊娠中は安定期に入ってから使用する事。



ヘナを使う前はパッチテストを行う

ヘナであろうとアルカリカラー剤同様にアレルギー反応

起こす場合があります。

ヘナでも植物に対するアレルギーが出ることもあります。

体質的に不安がある方は、使用前に必ずパッチテスト

(腕の内側のやわらかい部分につけて放置し、

翌日赤くなっていないか様子をみましょう。)

 

ヘナカラーのデメリット

・体調によって、染まり具合が安定しない。

・白髪にしか染まらず、黒髪は光を反射して
 ツヤツヤになるだけなので全体で均一な色見にはならない。

・時間をかけて、繰り返し使わなければ最初は明るく見えても
 2~3日後には落ちついて、濃い色になる。

・ヘナが髪を保護する事で、パーマがかかりにくくなる。

・初めてのヘナカラーでは髪が以前のパーマやカラー等による
 ダメージの影響でパサパサになる場合がある。

・タオルに色がつく場合がある。

 

私の美容室でヘナをしない理由

f:id:kami-nayami:20191025114250j:plain

コレは私の史観ですので軽く受け流してくださいね。

ヘナが髪や頭皮に優しいのはわかります。

でも私の美容室ではヘナのメニューはありません。

ヘナはとても時間がかかります。

そして良いヘナを仕入れは高価なためにリーズナブルな

料金とはいきません。


高額な料金に設定したとしたら中にはされるお客様もおられるだろし

新規でもお客様の来店を促す事はできるでしょうがやりません。


ヘナをされるという人の多くは髪や地肌に良いからとか

普通のカラーだとかぶれるからという理由が多くあります。


私の美容室のコンセプトは髪や地肌を傷めない努力にあります。

ヘアカラー(白髪染め)はアルカリを極力(染まり上がり)

影響しない優しいものを提供しています。


実際に通常のカラー剤と比べても痛みは出にくくどちらかというと

染める度に艶がでるのがわかっています。

色のバリエーションもヘナの非ではありません。


それでもカラー剤にはジアミンという成分が必ず入っていて

それが色んな色素を出してくれるのですが全てのお客様に

アレルギー反応がでないかというとそうではありません。

コレに関してはヘナでも同じことが言えます。


そういった人には色持ちと色落ちがしにくいヘアマニュアで

対応できています。


だから時間効率も悪く高料金設定にもしたくないのでやりません。


正直にいうと嫌いなのかもしれませんね。

ヘナの仕上がりをみると白髪の部分だけに色見が

強く入っています。


全体が白髪ならまだしもごま塩的な量の白髪にだけ色が入ってる感が

私の好みではないという事です。


だから私の美容室にはメニューはありませんがお好きな方は

どうぞなさって下さいというスタンスでいます。

まぁちょとおかしな話になりましたね。

 

通常の白髪染めよりはヘナが安全です。但しヘナにも色々あるので注意が必要です。

それよりもお風呂でトリートメント感覚で白髪に徐々に色が入っていく

カラートリートメントが超お勧めです。髪にツヤを与えながら頭皮への

トラブルフリーです。1本使い終わる頃にはなんで早くコレをしなかったのか

そう思わせてくれます。そのカラートリートメントについても記事にして

いますので読んで見て下さい。👇

 

www.kamitrouble.com

 

 

本日のおさらい

ヘナには天然(ナチュラル)なものとケミカルヘナといものがある。

・ヘナでもアレルギー反応を引き起こすし傷みやすいという
 ヘナもあり色々とあります。

・ヘナは染めあがりまでの時間が2~3時間以上かかるし
 始めた最初は色が入りにくく持ちが悪いので最初は間を
 長く置きすぎない程度で繰り返す必要がある


体調面で染まり上がりに影響があるしその期間は
 しない方がいい。

良いヘナと粗悪なヘナに注意が必要です。
 天然ヘナを購入する際は成分表示を解説した成分か
 否かを見極める。


・基本的にヘナは素人さんが自分でするとムラになりやすいので
 出来るなら美容室でされることをおすすめします。