from30/龍ブログ

現役美容師が専門分野の事柄から気になった様々な事等を調査してお伝えしてる雑記ブログです。

頭皮のトラブルになる原因と頭皮に良い食べ物と悪い食べ物

 

 

f:id:kami-nayami:20190927110752j:plain

頭皮トラブルいなる原因は色々とあります。そして頭皮良い食べ物悪い食べ物

をある事をご存じですか?もしかしたら貴方の頭皮トラブル原因は外的要因より

食べ物にあるのかもしれません。

 

頭皮のトラブルになる原因と頭皮に良い食べ物と悪い食べ物

頭皮は何故トラブル(荒れる)のか

 頭皮のトラブル(荒れる)の原因には色んな要素があります。

 

それはドライヤーの充て過ぎやパーマやヘアカラー等

あるのですが本日は以外にも

食べ物によって起こりうるというお話です。

 

私は美容師ですが栄養士ではありません。

というのも頭皮や髪の毛が荒れる原因の1つなのですが頭皮(髪)に

悪いとされる食品がある事を知りましたので本日はお伝えしておきます。

 頭皮に最適な食べ物とは私共の美容室のお客様は年配層で

占めています。

それに伴って感じることでもありますが頭皮に悪い食べ物という事で

感じている事がありましたので先ずはそちらをお聞きください。


年配のご夫婦(もしくはお1人暮らし)だけで

生活されているお客様とお若いご夫婦と

同居しております年配のお客様での頭皮の

特徴があるなっと最近感じました。

 

食べ物が欧米化が進んだ影響もあり

頭皮の荒れや髪の毛のツヤわ悪くする

原因になっているというのは事実なようです。

 

先程もお伝えした2組の年配層のお客様なのですが和食中心かそうでもないか

という事が頭皮環境に表れてる可能性があるなと感じました。

 

接客中の会話の中でお聞きしたのですが年配ご夫婦(1人暮らし)の方は

和食が中心お野菜とかも摂取している方の頭皮環境は良く

若いご夫婦と同居されてる方はご自分で食事をつくる事がないのでわりと欧米食が

強い食事をされていました。


特にお孫さんと暮らしている家庭ではどうしても食事が偏るようでそういった方の

頭皮は赤身かかった感じで髪の毛は細いお客様が多いと感じました
(100%とは言いませんが)。

 

頭皮に最悪だとされる食べ物とは

 

まぁコレはどうにもならないかも知れないのですが髪の毛(頭皮)に

良くない食品を挙げておきます。

 

~~
1・グルテン(小麦)

パンやパスタ、うどん等に含まれる

小麦のたんぱく質。


日本人にはグルテンを消化する能力が

低い人が多く食べ過ぎると便秘や下痢、

腹痛を引き起こしやすくその為に頭皮に

栄養がいきわたりにくく頭皮に様々な

トラブルになりやすい。


2・カゼイン(乳たんぱく)

カゼインとは、牛乳やチーズ、ヨーグルト等に

含まれるたんぱくの事をいいます。


グルテン同様に日本人は消化力が弱い為に

腸に炎症を起こしやすい人もいて消化吸収力を

低下しかねない。


3・食品添加物の多いもの

加工食品等に含まれていて保存料、着色料、

甘味料等、その種類は他にも多くありアレルギーを

引き起こしやすく血流を悪化させざるを得ない物と

考える必要があります。


食品添加物は細胞の働きを助ける亜鉛の

吸収を阻害する事もあります。
~~

 

「じゃ小麦はダメでも米はいいの?」

はい。

 

問題はありませんが食べ過ぎには注意が必要です。


何故ならば糖質の問題があるからです。


甘いもので思い浮かぶのは菓子やパン類、

イモ類、そしてお米です。あくまでも摂りすぎは

良くないという事ですので全く食べたら

ダメというものではなく糖質もある程度は

体に不可欠だからです。

 

要するにバランスの摂れた食生活

「もう少し食べたいな」くらいでやめる事です。

 


同じものばかり偏っていては体にも頭皮にも

良い事はないのです。

 

いかがでしたか?頭皮が荒れるのには色んな

影響があり今日は食品が及ぼす影響に

絞ってお伝えしました。

 

【本日のおさらい】

 頭皮が荒れる原因は外的要素

(ドライヤー、パーマ、ヘアカラーやその他)だけではなく

毎日の食事(食品)が影響している場合がある。

 

基本的には偏った食事でなくバランスよくがポイント。

中でも和食が中心で色んな色物を摂るといい。

貴方も今日から和食を中心とした食生活に変える事で

健康的な頭皮や髪の毛を生み出してみませんか。