from30/龍ブログ

気になるアレコレや色んな分野を調査して参考にしてもらえるようお伝えしてる雑記ブログです。

毛根を強くする方法は毛母細胞に栄養素を送る事

f:id:kami-nayami:20190907122511j:plain

私が働く美容室

強く元気な髪の毛の為には毛母細胞といわれる所に栄養を運んであげないと

なりません。その為には毛根を強くする必要が不可欠になるわけです。

毛根を強くする方法についてお話していきます。

 

毛根を強くする方法は毛母細胞に栄養素を送る事

毛根を強くする方法として髪の毛の仕組みを知りましょう。

毛根の最下層近くに毛母細胞が存在ます。

毛母細胞の役割は髪の毛を作っている根本の細胞です。

毛細血管に乗って運ばれた栄養素が毛乳頭を経由して毛母細胞に送られます。

毛母細胞はその栄養素を原料に細胞分裂を繰り返します。

栄養不足になってしまうと丈夫な髪の毛を作ることが出来ないので
結果的には細く弱弱しい髪の毛になってしまいます。

そして最悪な状況に慣り得ます。髪の成長を促さなくなるので成長途中で
抜け落ち新しい髪の毛を作らなくなったりします。

それが薄毛になる大きな要因となるのです。

 

またよく薄毛の人がもう毛根がないから生えないなといいますが

そもそも毛根はなくなるものなのか?

 

私の美容室に来られるお客様の年齢層はわりと高齢なんですね。


そしてよく言われるのが「年齢が年齢だから髪が減ってきたわ」

このようにおっしゃいます。

 

それで私はこう答えています。

 

「確かに若いころと比べるとそうかもしれませんが

実際は髪が薄くなるというよりも

細くなってきているので

全体的に少なくなった気がするんですよ。

 

だからしっかりとした太い毛が

生え変わるように髪の毛だけじゃなく

頭皮のケアもしていきましょうね。」

 

こういった会話を年配層が多いお客様としています。


殆どの方は高齢=薄毛とおもっていないでしょうか?

 

もう年だからという半ばあきらめの感じのお言葉をよく聞くものです。

 

美容師だからこそ私の見解を断言します。

 毛根を強くすると髪は生える可能性がある


何歳になろうと髪は再生し続けます。


薄毛になってきたと思われてたのは


実は髪の1本1本が細くなった

ことにあります。

毛根を強くして健康な髪の毛を育む3つの方法をお伝えします。

1・毛髪ケア

ポイントは、毛髪に栄養を与えて強くする事にあります。

タンパク質が豊富な赤身肉や鶏肉、卵、大豆製品、ビタミンが豊富な
緑黄色野菜や玄米、亜鉛が豊富な牡蠣やウナギ、チーズ、レバーなどを
積極的に摂りましょう。


2・毛根ケア

ポイントは、皮脂汚れや脂肪の詰まりを放置しない事です。

毛穴詰まりを防ぐために、個々の状況や頭皮と相性が
良いシャンプーを選び出来れば毎日のシャンプーを
心がけましょう。


シャンプーは必ず頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーで
洗う事です。

シャンプー選びに迷ったら以下の記事を参照ください。👇

 

www.kamitrouble.com

 


シャンプーをする際のポイントとしてしっかり泡立てます。

泡を頭皮に行き渡らせます。

少し時間を置いている間に体を先に洗います。


その後、指の腹で優しく洗いその後しっかりすすぎます。

洗い残しやすすぎ不足は毛穴詰まりの原因になりますから要注意です。


3・頭皮ケア

ポイントは、頭皮マッサージで血行を良くする事です。

薄毛で悩んでいる人や髪の毛が細く弱っている人の頭皮は
凝り固まって血行不良に陥っているケースが多いです。


指の腹で固くなった頭皮を柔らかくしていきましょう。

出来れば毎日の習慣の1つにするといいです。

頭皮の感想は大敵ですのでマッサージする際は潤い成分がある
頭皮用の化粧水または育毛剤を使用すると最高です。

潤い成分のある育毛剤については以下に記事で参照ください。👇

 

www.kamitrouble.com

 

その他に毛根を傷める行為に永年のパーマや白髪染めにはじまり頭皮に

よくない事をしてしまっています。

 それも敢えてやるのですから上記のケアで頭皮を日々育てるようにいたわって

あげる事で髪は年齢に関係なく毛量を増すことさえできるんです。

 

太い毛の生え変わりで全体的にボリューム感があってツヤのある

髪の毛に再生は十分可能な事を知っておいてくださいね。

 

高齢だからと言って毛根が死んでしまうなんてあり得ない事

なんです。

 

年齢と共に代謝は落ちるのは仕方ないのですが

それにより毛髪に届ける筈の栄養とかがいきにくくなるので

細い毛になってしまうんですね。

 

毛根から髪が生えなくなる理由には

 

非常にレアなケースがある事も

お伝えしておきます。


髪の毛は何度でも再生するといいましたよね。


しかしまれに高齢になると毛根の再生力を失ってしまうケースが

まれではありますがあります。

 

通常の再生速度とは異なり短いサイクルで脱毛、再生を

繰り返したのちに毛根が閉じてしまう事があります。

 

詳しい原因は頭だけでないところの可能性もありますが

わかっていません。

 

専門家でもおそらく加齢だというしかないのが現状ですがコレは

ホントにまれなケースなのであまり気にしないで下さいね。

 


要は年齢をとってもまず頭皮に気を配る事です。

 

ご自分ではわからない時は美容師さんに

相談する事です。


【そしてそれに答えてくれる美容師さんに

巡り合うことが重要な事なんです。】

 


貴方は美容室を転々と渡り歩いていませんか?


お店の作りや、少しでも値段が安い店をただ単に回っている人は

たぶん巡りあえない可能性があります。

 

それとは別にヘアスタイルが気に入らない、

カットが気に入らないという理由で転々と

するケースですが初めて行くお店でその

1回で結論に至りますか?


【美容師をして40年以上になる私からアドバイスするならば】

 

f:id:kami-nayami:20190918135126j:plain

 

担当してくれる美容師さんにあなたの希望を出来れば細かく伝えましょう。


それと嫌な事も伝えましょう。


美容師さんも貴方と会うのは初めてです。


貴方の事も全然知らない間柄です。


それに貴方の髪質だって1回や2回したくらいでは

分かりづらい事さえあるものです。

 

美容師を選ぶポイント


※嫌な顔※しないで貴方の細かい注文を

よく聞いてくれる(聞き上手)美容師さんなら

最低は5回通って判断する事で

貴方の専属のような

美容師に巡り合えると思います。

 

最後はちょっと余談でしたね。

 

【本日のまとめ】

髪は年齢と共に薄くなったり細くなったり

しやすいが頭皮環境が良ければ年齢に

関係なく正常に再生し続けるもの。


またよく毛根がなくなるとか毛根が

死んでるから生えないなんて言いますが

毛根がむさがれたり死んだりする事は

ありません。


そう感じる方の頭皮は正常ですか?

おそらく汚れや皮脂といったシャンプーでは

簡単にとれないものが覆っているので

毛穴から生える毛が太くなく細かったり

生えずらかったりしているのです。

美容室によっては毛穴の詰まりを取って

くれる施術がありますので出来れば

1~2か月に1度の割合で毛穴を

スッキリさせる事をお勧めします。