from30/龍ブログ

気になるアレコレや色んな分野を調査して参考にしてもらえるようお伝えしてる雑記ブログです。

健康な頭皮と美しい髪のメカニズムについて

f:id:kami-nayami:20191025124817j:plain

 貴方は髪のメカニズムを知っていますか?健康な頭皮の色は何色か、

髪の本数髪の寿命から健康な髪の太さとか・・・についてお伝えします。

 

健康な頭皮と美しい髪のメカニズム

美しい髪になる為には健康な髪と頭皮(地肌)が基本にあります。

因みに健康な頭皮の色は青白いです。

 

トラブルのある頭皮の色は赤身がかっていたり茶色っぽかったり

ピンクぽかったりします。

頭皮の色で貴方の健康度がわかります。その記事は👇

 

www.kamitrouble.com

 

健康な髪とはキューティクルがきれいに整ってなめらかな状態にあり

光が反射し頭頂部に【天使の輪】と

よく言われる光の輪が輝いていることにあります。


キューティクルは摩擦に弱く繰り返し

摩擦していると剥離して傷んで

しまうと艶もない状態になるわけです。


自身の髪の毛の状態を見極めるにはキューティクルを見るとある程度はわかります。

 

以下の画像を例に解説します。

f:id:kami-nayami:20190910161557j:plain

この画像は石鹸シャンプーに変えて
15年以上になり臭1回程度の洗髪してる
40代の女性の画像です。


右が合成シャンプーで毎日洗髪した
20代の女性の画像です。

 

太くきれいにキューティクルが

そろっている髪に比べてはキューティクル

はがれて表面のツヤがなく枝毛や切れ毛がみられ

縮れたりしているのがわかります。


酷い状態になると髪の色も赤茶っぽく見えて

触るとパサパサして乾いた感触でスベリも

弾力もなくなります。


髪の毛が痛むとヘアスタイルも

長持ちしなくなるだけでなくまとまり

にくくなります。


それでは
髪のメカニズム
に触れていきましょう。


【毛量ってどのくらいあるの?】

髪の毛は平均約10万本で少ない人で7~8万本、

多い人で11~12万本と言われています。


【伸びる早さってどのくらい?】

伸びる長さは個人差はあるものの

1日0,3ミリ~0,4ミリ

1か月にすると1~1,5センチ、

年間で12~18センチ伸びます。

伸びてる所を見た事がないですよね。

でもこのくらいは誰でものびているんです。


【髪の毛の太さって?】

髪の太さは0,08ミリこの太さは欧米人の

1,5倍です。

特に太い人で0,1ミリ細い人で

0,06ミリで健康な髪の太さは0,1ミリ前後

ともいわれているんです。

人によって細くて柔らかい為に見た目では

本数が少なく見える事もあります
(実際に少ない場合もあるのですが。)

 

【髪の毛の成分とは?】

毛髪成分は繊維状につながったケラチン

(18種のアミノ酸でできたたんぱく質と硫黄)で

できています。

水分量は12~13%あります。


水分量が多ければ強く切れにくいと言われています。

 

髪の毛は皮膚の下にある毛根と皮膚の上に

ある毛幹に区別されています。

 

 

f:id:kami-nayami:20190910161637j:plain

毛根の末端の毛球にある毛母細胞が

毛細血管から栄養素を受け髪の毛がのびる

というしくみになります。

 

【髪の毛って寿命はあるの?】


1本の髪の毛は成長しては抜け落ちまた

同じ毛根から新しい髪が生えます。


髪それぞれの寿命は成長期が

約2年~6年

移行期(休む)が約2週間、

休止期(抜ける)約3か月と

いわれています。


このヘアサイクルを繰り返しています。


そのメカニズムが狂ってくると健康な

美しい髪になれず脱毛などのトラブルを

巻き起こします。

 

今、生えてる髪の85%~90%

成長期にあたり残りの10%~15%が

移行期と休止期です。

 

その為に1日50本~100本

自然に抜け落ちます。

 

一般に髪の毛の寿命は男性20歳、

女性25歳を境に加齢とともに短くなり

髪も細くなりメラニン色素は減って白髪に

なるというわけなんですね。


ちょうと複雑でしたか?

想像してたのと違いましたでしょうか。

髪の毛というもは案外デリケートなものですので

大事にしてあげる事が大切なんです。


今回は髪と地肌(頭皮)のしくみ(メカニズム)を

お伝えしました。


【本日のまとめ】

正常な頭皮や髪のメカニズムは

わかっていただけたでしょう。

それら健康な状態になる為に

どうするかです。

頭皮や髪に良いケア商品を選んだり

規則正しい生活に努めたりです。

髪や頭皮は非常にデリケートな部分でも

あるのできちんとした生活と正しく

選ぶべきものを選択する事に尽きると

いう訳ですね。